- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 複で今季初勝利あげる

男子テニスツアーのブリスベン国際男子(オーストラリア/ブリスベン、ハード、賞金総額494,310ドル/優勝賞金8万ドル)は5日、ダブルス1回戦が行われ、錦織圭(日本)/ A・ドルゴポロフ(ウクライナ)組が第2シードのR・ボパンナ(インド)/ D・ネスター(カナダ)組を6-4, 3-6, 10-6とスーパータイブレークの末に破ってベスト8進出を決め、錦織にとって今季初となったこの試合を勝利で飾った。

錦織とドルゴポロフは、今回初めてペアを組んでダブルスに出場した。

ボパンナ/ ネスター組のサービスゲームから始まったこの試合、序盤は共にサービスゲームキープとなるも、第7ゲームでボパンナとネスターがネット前にきたところを、錦織が頭上を越すロブを披露し、この試合初めてのブレークに成功。このセットをゲームカウント6−4で先取する。

続く第2セットでは、第4ゲームで錦織/ ドルゴポロフ組がブレークを許し、その後も巻き返すことが出来ずにゲームカウント3−6で落としてスーパータイブレークに持ち込まれる。しかし、最後は相手のネットでスーパータイブレークを10−6で制し、準々決勝進出を決めた。

準々決勝で錦織/ ドルゴポロフ組は、C・グシオネ(オーストラリア)/ L・ヒューイット(オーストラリア)組と主催者推薦枠で出場のJ・ダックワース(オーストラリア)/ M・マトセビッチ(オーストラリア)組の勝者と対戦する。

同大会のダブルスに錦織は昨年、S・クエリー(アメリカ)と組んで出場するも、1回戦でマトセビッチ/ D・ツルスノフ(ロシア)組に敗れて姿を消した。2012年はG・ディミトロフ(ブルガリア)と組んで出場し、ベスト4進出を果たした。

また、今大会のシングルスに錦織は第2シードとして出場しており、初戦となる2回戦でマトセビッチとS・ジョンソン(アメリカ)の勝者と対戦する。

錦織は昨年同大会のシングルス準々決勝でM・チリッチ(クロアチア)を下し、2年連続のベスト4進出を決めた。準決勝では、元王者ヒューイットに敗れて決勝進出とはならなかった。

《錦織 昨年同大会の記事はこちら》

一方、敗れたボパンナ/ ネスター組のネスターは、過去同大会のダブルスに2012年はM・ミルニ(ベラルーシ)と、2013年はM・フィルステンベルク(ポーランド)と組んで2連覇を達成しており、今回は3連覇を狙っていたが、錦織/ ドルゴポロフ組に阻まれることとなった。

また、ネスターと錦織は2014年1月末から2月にかけて行われたデビスカップ ワールドグループ1回戦 日本対カナダ戦のダブルスで対戦しており、その時も錦織が勝利をあげていた。

《デ杯対戦の記事はこちら》

42歳のネスターは、ダブルスでキャリア85勝を達成しており、昨シーズンは4勝あげている。ボパンナはダブルスでキャリア10勝をあげている。


■関連ニュース■ 

・錦織 「自分のテニスをするだけ」
・錦織「学ぶ気持ちを忘れずに」
・錦織 開幕戦は第2シードで出場


■最新ニュース■ 

・元世界6位 初戦で姿消す
・ワウリンカ「今年も繰り返したい」
・ジョコビッチ 初出場でVなるか


■最新動画■ 

・錦織圭vsフェデラー【ツアー最終戦】
・錦織圭vsマレー【ツアー最終戦】
(2015年1月5日19時52分)
  • コメント -

    ウインザーラケットショップ

    >>動画をもっと見る<<




    テニスの総合ポータルサイトテニス365
    テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!