- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

国枝慎吾 全仏初戦は快勝

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は4日、車いすテニスの男子シングルス準々決勝が行われ、第1シードの国枝慎吾(日本)がN・ペイファ―(フランス)を6-4, 6-0のストレートで下し準決勝進出を果たした。

この試合、国枝慎吾はファーストサービスが入った時83パーセントと高い確率でポイントを獲得し、ペイファから5度のブレークに成功し1時間3分で勝利した。

勝利後に国枝慎吾は「やってみて全仏オープンはすんなり勝つには難しいトーナメントだと感じました。ただ、充分自分の調子は仕上がっていると思うので、一戦一戦調子を上げていきたいと思っています。」とコメントした。

国枝慎吾は、全仏オープンで2007・2008・2009・2010の4連覇を果たしており、5度目の優勝を狙う。

勝利した国枝慎吾は準決勝でG・フェルナンデス(アルゼンチン)と対戦する。

また同日行われたダブルスでは三木拓也(日本)と組み出場したが第1シードのJ・ジェラルド(ベルギー)/ S・ウデ(フランス)組に5-7, 6-3, [8-10]とスーパータイブレークの末に敗れた。

三木拓也はシングルスにも出場していたが準々決勝でG・リード(イギリス)に1-6. 7-6 (9-7), 4-6で敗れている。

(コメントはWOWOWから抜粋)


■関連記事■ 

・国枝慎吾は2年連続で涙
・金メダリストの国枝慎吾が単複決勝進出
・国枝慎吾が4連覇達成、単の悔しさ複で晴らす
・ユニクロが錦織、国枝、ジョコビッチの全仏モデルを発売
・初の日本人選手アベック優勝


■関連動画■ 

・快進撃続ける錦織が”クレーキング”ナダルに挑む!
・躍進を遂げる錦織とディミトロフに直撃!

(2014年6月5日8時09分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!