- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

31歳セリーナ、最年長記録へ好発進◇カタール・オープン

女子テニスツアーのカタール・オープン(カタール/ドーハ、賞金総額236万9000ドル、ハード)は12日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク1位への返り咲きを狙う第2シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)が初戦となる2回戦に登場し、ラッキールーザーのD・ガブリロワ(ロシア)を6-2, 6-1で一蹴し3回戦へ駒を進めた。

今大会、上位シード8選手が1回戦を免除されているため、この日の2回戦が初戦だったセリーナは、各セットで2度のブレークに成功、さらに試合を通してガブリロワに1度もブレークを許さず、わずか54分の快勝で3回戦進出を決めた。

セリーナは、今季最初のグランドスラムである全豪オープン1回戦で、足首を捻挫するアクシデントに見舞われ、準々決勝でも腰を痛めるハプニングに襲われていた。

「足首にはテーピングをきつく巻いていて、それが緩まない限り特に問題はない。とにかくスムーズなプレーで、大きな問題を避けるように心がけて戦ったの。これまで練習してきた事をしっかり出来るようにね。体調は良くなっているから、このレベルを維持していきたいわ。今日はファーストサーブの調子が良くなかったから、次の試合ではそれを改善させたい。」とセリーナは、試合後にコメントした。

31歳のセリーナは、この大会でベスト4入りした時点で、他の選手の結果に関係なく2010年10月以来となる世界ランク1位への返り咲きを果たす。もし、女王返り咲きを果たした場合、31歳にしての1位は、1985年12月にC・エバート(アメリカ)が記録した30歳11ヶ月を抜いて最年長記録となる。

セリーナは準々決勝進出をかけて、第15シードのR・ビンチ(イタリア)U・ラドワンスカ(ポーランド)の勝者と3回戦で対戦する。

ビンチはこの日、Y・ウィックマイヤー(ベルギー)と1回戦を行ったが、6-2, 2-1とリードしたところでウィックマイヤーが腰の痛みを訴え途中棄権し、思わぬ形で勝利が転がり込んだ。ラドワンスカも予選勝者のN・キチェノクを6-1, 6-0で一蹴しての勝ち上がり。

この日行われた試合結果は以下の通り。

【シングルス1回戦】
M・バルトリ(フランス)(9) vs. ●F・スキアボーネ(イタリア), 7-6, 6-3
N・ペトロワ(ロシア)(11) vs. ●A・フラヴァコバ(チェコ共和国), 6-2, 6-3
M・キリレンコ(ロシア)(12) vs. ○E・ビュチコワ(ロシア), 0-3 (途中棄権)
○R・ビンチ(15) vs. ●Y・ウィックマイヤー, 6-2, 2-1 (途中棄権)
S・スティーブンス(アメリカ)(16) vs. ●A・タチシュビリ(グルジア), 6-2, 6-2
L・サファロバ(チェコ共和国)(17) vs. ●E・ダニリドー(ギリシア), 6-2, 6-3
C・マーケイル(アメリカ) vs. ●V・ドゥシェヴィナ(ロシア), 6-1, 6-2
●T・マジェリック vs. ○シェ・シュウェイ(台湾), 4-6, 4-6
S・キルスチャ(ルーマニア) vs. ●O・ジャビュア, 2-6, 6-3, 6-0
○U・ラドワンスカ vs. ●N・キチェノク, 6-1, 6-0
K・ザコパロバ(チェコ共和国) vs. ●V・レプシェンコ(アメリカ), 7-6, 3-0 (途中棄権)
C・スアレス・ナバロ(スペイン) vs. ○E・マカロバ(ロシア), 1-6, 2-6
T・ピロンコバ(ブルガリア) vs. ○R・オプランディ(スイス), 6-7, 5-7
M・ニクルスク(ルーマニア) vs. ●J・ヤンコビッチ(セルビア), 6-4, 6-1
L・ロブソン(英国) vs. ○D・ハンチュコバ(スロバキア), 4-6, 1-6
H・エル=タバク(カナダ) vs. ○T・バボス(ハンガリー), 2-6, 3-6

【シングルス2回戦】
○S・ウィリアムズ(2) vs. ●D・ガブリロワ, 6-2, 6-1
M・シャラポワ(ロシア)(3) vs. ●C・ガルシア(フランス), 6-3, 6-2
A・ケルバー(ドイツ)(5) vs. ○M・バーテル(ドイツ), 1-6, 2-6

【ダブルス1回戦】
A・グローネフェルド(ドイツ)(6)/K・ペシュキ(チェコ共和国)(6) vs. ●A・ロソルスカ(ポーランド)/C・スアレス・ナバロ, 6-1, 6-4
B・マテック=サンズ(アメリカ)(8)/S・ミルザ(インド)(8) vs. ○L・レイモンド(アメリカ)/S・ストザー(オーストラリア), 4-6, 2-6
●F・ナブハニ/ K・ウォーレ vs. ○C・ブラック(ジンバブエ)/An・ロディオノワ(オーストラリア), 2-6, 4-6
●J・ジェギオルカ/V・カプシャイ vs. ○青山修子(日本)/M・モールトン=レビ, 6-7 (4-7), 4-6
T・パスゼック(オーストリア)/K・ザコパロバ vs. ●M・カメリン(イタリア)/S・ハレプ(ルーマニア), 6-2, 6-2
●L・キチェノク/A・キイック vs. ○K・バロア(ドイツ)/E・ダニリドー, 3-6, 1-6

今大会の優勝賞金は、シングルス42万6000ドル、ダブルス12万2000ドル。


■関連記事■

《女王争い、セリーナがシャラポワ抜き王手◇世界ランキング》

《女王の座を逃したセリーナ「何本のミスを犯した事か」》

《セリーナが19歳に敗れる波乱◇全豪オープン》

(翻訳・記事/弓削忠則)

(2013年2月13日12時53分)

その他のニュース

11月30日

YouTube 全日本V中川直樹と対談 (20時04分)

プレーの「理想」と「現実」 (18時07分)

最終戦での名ラリーを特集 (16時33分)

錦織ら30日付の日本勢ランク (15時00分)

内田海智 CH本戦入りならず (11時27分)

錦織 世界ランク41位、11/30付 (10時50分)

11月29日

ナダルとマレーの死闘を特集 (16時17分)

ペールが17歳新星に黒星 (15時55分)

ティーム 幼少期のプレー公開 (14時02分)

大坂登場 ナイキが新動画発表 (12時15分)

内田海智 逆転でCH初戦突破 (10時41分)

ジョコ 娘の名前の由来明かす (8時38分)

11月28日

複1位ペアが取組む支援を特集 (15時52分)

大坂戦 今季ベストマッチ候補に (14時43分)

プリスコバ 新コーチにバイン氏 (13時29分)

キリオス 食糧支援は「恩返し」 (11時59分)

ITF Jr新大会 WC争いが終了 (10時21分)

日本リーグの中止が決定 (9時01分)

11月27日

ティーム 東京五輪出場を明言 (16時38分)

YONEX 第7回Jrキャンプ開催 (14時54分)

ペンギン型振動止め 終了間近 (13時58分)

YouTube 尾崎里紗にインタビュー (11時58分)

ITF Jr新大会、WCかけ熱戦 (11時42分)

西岡良仁のイベントが開催 (10時44分)

マラドーナ氏との思い出綴る (9時18分)

ハチャノフ、コロナ陽性を報告 (7時33分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!