- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

メディーナ=ガリゲスらシード勢が敗退する波乱◇SARラ・プリンセスGP

女子テニスツアーのSARラ・プリンセス・ラーラ・メリヤム・グランプリ(モロッコ/フェス、賞金総額22万ドル、クレー)は木曜日、シングルス準々決勝全4試合が行われ、第1シードのA・メディーナ=ガリゲス(スペイン)、第3シードのP・ツェトコフサ(チェコ共和国)の上位シード勢が全て敗れる波乱の一日となった。

その波乱を演じたのが第5シードのS・ハレプ(ルーマニア)とラッキー・ルーザーのM・ヨハンソン(フランス)で、ハレプはメディーナ=ガリゲスを6-2, 6-1で、ヨハンソンもツェトコフサを6-3, 6-4といずれもストレートで下し、両者揃って今季初のツアー準決勝進出を決めた。

世界ランク55位のハレプは同26位で2009年の今大会のチャンピオンのメディーナ=ガリゲスに対して、この日は1本もブレークポイントを与えない完璧なサービスゲームを見せ、第1セットでは2度、第2セットでも3度のブレークをメディーナ=ガリゲスから奪い、わずか72分の快勝でベスト4入りを決めた。

「今日は本当に良いプレーが出来ました。彼女(メディーナ=ガリゲス)はとても強い選手なので、楽しんで自分のプレーをしようと言う気持ちでコートへ向かいました。そしてそれが出来たのです。この大会は大好きですし、準決勝でも同じような良いテニスが出来ように頑張ります。」とハレプは自身のプレーに満足していた。

予選最終ラウンドでAr・ロディオノワ(ロシア)に敗れたものの、E・マカロバ(ロシア)の欠場から本戦へ繰り上がったヨハンソンは、今大会に入るまでの今季の成績が0勝10敗と全く勝利を飾っておらず、今回は本戦入りの幸運を大いに生かす結果となった。

この日は同じコーチの下で練習を共にしているツェトコフサに対して第1セットは2度のブレークを許すも3度のブレークを奪い先取。第2セットも同様に2度ブレークされたが3度のブレークに成功すると79分でツェトコフサを下した。

「最高のテニスが出来たわけではありませんでした。なぜなら一緒に練習をしている選手が対戦相手なのでちょっと緊張していたからです。同じコーチに指導してもらっているので、お互いの事を良く知っています。そんな相手との対戦はとても難しいものです。こうして勝利を掴む事が出来て嬉しいですし、準決勝では更に良いプレーが出来るように頑張ります。」とヨハンソンは、試合中の複雑な気持ちを語っていた。

決勝進出を懸けてハレプは、G・ムグルサ=ブランコとの予選勝者対決を6-1, 6-4で制したK・バーテンと、ヨハンソンはI・C・ベグ(ルーマニア)を6-4, 6-1で下したL・ポウス・ティオ(スペイン)と準決勝で対戦する。

今大会までWTAツアー本戦で1度も勝利を飾っていなかったバーテンは「今日はとても良いテニスが出来ました。両セットとも良いスタートが切れたのです。第2セットの終盤はちょっと緊張してしまいましたが、何とか勝つ事が出来ました。動きも良く、良いショットも打てていました。彼女(ムグルサ=ブランコ)はちょっとミスが多かったようですが、こうして勝利する事が出来てとても嬉しいです。」と試合を振り返っていた。

今季はここまで怪我に泣かされていたポウス・ティオは「とても厳しい試合でした。彼女(ベグ)とはこれまで3度対戦していて全て負けていましたが、今日は高い集中力を維持してベースラインから安定したストロークが打てました。そしてチャンスが来たらフォアハンドで積極的に攻めました。その戦略が上手く行ったのです。」と、この日の勝利を素直に喜んでいた。

今大会の優勝賞金は3万7000ドル。

(2012年4月27日10時17分)

その他のニュース

9月15日

内山がチャレンジャー4勝目 (19時58分)

大坂 ジュニア選手とラリー (18時11分)

奈良 熱戦の末に本戦逃す (17時27分)

大坂「優勝したい気持ち強い」 (16時56分)

土居/日比野組がツアー初優勝 (15時43分)

輿石亜佑美が一日警察署長に (13時16分)

日比野が日本人対決制し優勝 (12時54分)

【1ポイント速報】土居vs日比野 (12時49分)

内山が今季2度目の決勝進出 (7時26分)

9月14日

錦織らトップ10が勢揃い (20時45分)

東レ予選1回戦、日本勢結果 (19時02分)

22年ぶり 決勝で日本人対決 (18時23分)

大坂「チャンス与えたい」 (17時42分)

大坂ら 東レ組み合わせ発表 (16時35分)

ダニエル太郎 4強入りならず (13時37分)

大坂 東レ会場で練習 (12時38分)

杉田、内山が4強入り (11時43分)

ヒューイットが寄付呼びかけ (10時14分)

土居、日比野が準決勝に登場 (8時59分)

9月13日

香港OP デモ影響で延期に (17時42分)

ハレプ 来季コーチが復帰へ (15時54分)

日比野菜緒、昨年覇者破り4強へ (14時58分)

快勝ダニエル太郎 CH8強へ (13時53分)

大坂 コーチへ「感謝している」 (11時33分)

元1位クレイステルス 復帰へ (10時35分)

マレー 上海にWCで出場決定 (9時00分)

大坂 コーチ関係解消を発表 (6時59分)

9月12日

「ラファは再び証明した」 (19時41分)

土居美咲 熱戦を制し8強へ (18時26分)

杉田祐一8強 内田海智破る (18時07分)

錦織vsフェデラー 先行販売 (16時48分)

奈良くるみは8強ならず (15時14分)

八百長で永久追放と罰金 (14時43分)

ムラデノビッチが8強進出 (13時30分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!