- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

コールシュライバーが地元V◇ゲリー・ウェバー・オープン

男子テニスツアーのゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、賞金総額75万ユーロ、芝)は12日、シングルス決勝が行われ、P・コールシュライバー(ドイツ)P・ペッツシュナー(ドイツ)に対し7-6 (7-5), 2-0とリードした場面でペッツシュナーが試合を棄権、コールシュライバーがキャリア通算3勝目となるタイトルと優勝賞金11万4750ユーロを手に入れた。

2008年以来となるツアータイトルを獲得したコールシュライバーは「1週間を通して、信じられないくらい素晴らしい内容でした。今年のみではなく、自分のキャリアの中でも最高の1週間になりました。」と、喜びを語っている。

またコールシュライバーは「あまりにも早く試合が終ってしまったので、マッチポイントで緊張することはありませんでした。ですから、今回の勝利は、それほど気持ちの良いものではありません。しかし、1週間を通して頑張りましたし、良いプレーが出来ました。」と、決勝についてコメントしている。

2008年の今大会では、決勝に進出したもののR・フェデラー(スイス)の前に準優勝に終っていたコールシュライバーは、歴代5人目となる今大会のドイツ人チャンピオンとなった。過去には、M・シュティヒ(ドイツ)N・キーファー(ドイツ)、D・プリノシル、そしてT・ハース(ドイツ)が今大会でタイトルを獲得している。

地元勢同士の対戦となった決勝は、試合開始からお互いにサービスキープを続ける接戦となり、第1セット第11ゲームまでデュースにすらならなかった。

タイブレークでは、まずペッツシュナーが4−2とリードを奪ったが、ここからコールシュライバーが4ポイントを連取して6−4と逆転、ここからペッツシュナーが1ポイントを取り返すも、2本目のセットポイントでペッツシュナーがバックハンドをミス、コールシュライバーが第1セットを先取する。

第2セットが始まる前にペッツシュナーはメディカル・タイムアウトを要求、腰の治療を受ける。用心深くコートに戻ったペッツシュナーであったが、第2ゲームをコールシュライバーにブレークされると試合続行を断念、あっけない幕切れとなった。

27歳のペッツシュナーは、第1セット第11ゲームでのブレークポイントで腰を負傷していたことを明かしている。

「今日はドイツテニスのお祝いになる日でした。もし競った内容で僕が負けたとしても、それはそれです。しかし、こういった形での敗戦は残念でなりません。」とペッツシュナーは、無念のコメントを残している。

(2011年6月13日10時50分)

その他のニュース

3月28日

YouTube 全仏!?でテニスを体験 (18時55分)

「完全にコーチを信頼する」 (18時38分)

元複1位キャバル 基金調達へ (17時40分)

大坂「命を救うことが大切」 (17時38分)

元女王らが自国援助に奮闘 (13時36分)

ジョコ 医療機関へ100万ユーロ寄付 (10時24分)

3月27日

マレー WB延期可能性に言及 (18時16分)

若手選手をATPが特集 (17時02分)

ATP公式が一問一答を掲載 (15時37分)

経済的に苦しむ人々救済へ (13時15分)

【ソリンコ】[考察]「5角形ポリエステル、ソリンコのコンフィデンシャルとハイパーGを比べてみました。」 (12時58分)

ナダルら13億円の支援呼びかけ (11時19分)

引退発表で「つらい決断」 (10時22分)

3月26日

元複3位キングの支援に注目 (18時31分)

リオ五輪金プイグ「いい機会」 (17時42分)

ジョコ 五輪延期「正しい決定」 (15時06分)

アンダーソン「まだ野心ある」 (12時59分)

フェデラー 1億円を寄付 (11時56分)

ウィンブルドン「開催可能性低い」 (10時28分)

3月25日

ティーム「まずは安全が第一」 (18時33分)

ジョコ、ポイント獲得率1位に (17時46分)

東京五輪延期は「適切な決定」 (16時47分)

11連勝は「信じられない」 (15時55分)

ATP会長「先が見えない」 (14時35分)

20歳新星 コロナ陽性と報告 (12時56分)

プリンス グラファイトが復活 (12時33分)

錦織 五輪延期「少し安心」 (10時56分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!