- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ハネスク、アンドレエフらシード勢敗れる◇クレムリン・カップ

男子テニスツアーのクレムリン・カップ男子(ロシア/モスクワ、賞金総額108万500ドル、ハード)は、20日にシングルス1回戦9試合が行われ、第2シードのV・ハネスク(ルーマニア)、第4シードのI・アンドレエフ(ロシア)と上位シード勢が敗れる波乱が起きた。

その波乱を演じたのはW・オディスニク(アメリカ)で、ハネスクを5-7, 7-5, 6-4の逆転で下し、この日一番の番狂わせを演じた。世界ランク31位のハネスクは、第2セットの第10ゲームで1度マッチポイントを握るが取り切れず、同91位のオディスニクに逆転を許してしまった。

先週の上海マスターズでは1回戦でR・ソデルリング(スウェーデン)に敗れていたハネスクは「上海よりコートが遅くて、それに慣れるのに苦労した。ここしばらくは、1回戦負けが続いているから、ちょっと自信を無くしているんだ。」と、サーフェスに苦しみ、自信も無くしているようだった。

勝ったオディスニクは「試合中、波が行ったり来たりしたよ。第1セットは2度のブレークに成功したにも関わらず先取できなかったけど、戦い続けたのさ。精神的に強かったと思うし、試合中彼(ハネスク)にしっかり付いて行けたんだ。」と勝因を分析していた。オディスニクは2回戦で、F・フォニュイーニ(イタリア)を6-4, 5-7, 6-4で下した予選勝者のM・ククシュキンと対戦する。

もう一つの番狂わせを演じたR・ジネプリ(アメリカ)は、アンドレエフを6-3, 6-7 (9-11), 7-6 (7-1)と2時間32分の接戦の末に下して2回戦進出を決めた。両者譲らぬ展開となったこの試合は、第3セットのタイブレークを優位に進めたジネプリに軍配が上がった。2回戦ではM・グラノジェルス(スペイン)と顔を合わせる。グラノジェルスは予選勝者のN・キーファー(ドイツ)と対戦中、6-4, 1-0とリードしたところで、キーファーが腰の痛みを訴え棄権を申し入れての勝利だった。

その他、第6シードのJ・ティプサレビッチ(セルビア)D・ケレラー(オーストリア)を6-4, 6-3で、今季限りでの引退を表明している第7シードのF・サントロ(フランス)は主催者推薦のA・クズネツォフ(アメリカ)を4-6, 6-2, 6-2の逆転で倒して順当に2回戦へ進んだ。しかし第8シードのM・バッサロ=アルグエッロ(アルゼンチン)A・ゴルベフ(カザフスタン)に5-7, 3-6のストレートで敗れ、大会を後にした。

ティプサレビッチはC・ロクス(ベルギー)と、サントロは主催者推薦のM・ビリュコフを6-0, 6-2で下した予選勝者のS・スタコフスキ(ウクライナ)と、ゴルベフはD・イストミン(ウズベキスタン)と予選勝者のI・マルチェンコの勝者とそれぞれ2回戦で対戦する。

ロクスはこの日M・ジケル(フランス)を対戦中、7-5で第1セットを先取したところで、ジケルが喉の痛みを訴え棄権。労せず初戦突破を決めた。

今大会の優勝賞金は17万ドル。

(2009年10月21日10時28分)
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!