- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー、ジョコビッチら上位陣が3回戦進出◇ウィンブルドン

テニスのグランドスラム大会であるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は大会3日目の24日、男子シングルス2回戦を行ない、第2シードのR・フェデラー(スイス)、第4シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、そして第7シードのF・ベルダスコ(スペイン)をはじめとする上位陣が、揃って勝ち上がった。

過去5回のウィンブルドン制覇を成し遂げているフェデラーは、G・ガルシア=ロペス(スペイン)を6-2, 6-2, 6-4のストレートで下し、3回戦進出を決めている。この日のフェデラーは11本のサービスエースを奪うなどサーブが好調で、第1サーブ時には94%の確率でポイントを奪うなどガルシア=ロペスにチャンスを与えず、わずか89分で勝利した。

今大会6度目の優勝を目指すフェデラーは「彼は良いプレーをしていたから、もっと厳しい試合を予想していた。今日はとても簡単に勝てたので、自分自身で驚いているよ。」とコメントした。

今大会に優勝すれば、世界ランク1位の座に返り咲くことが決まっているフェデラーは、第27シードのP・コールシュライバー(ドイツ)と対戦する。コールシュライバーは、I・ミナール(チェコ共和国)を6-4, 3-6, 4-6, 6-2, 8-6と接戦の末に下し、2回戦を突破している。

世界ランク4位のジョコビッチは、S・グロイル(ドイツ)を7-5, 6-1, 6-4で下し、2年ぶりの3回戦進出を決めている。昨年は2回戦で元王者M・サフィン(ロシア)に敗れていたジョコビッチは「自分自身で試合を難しくしてしまった。スタートが良くなかった。緊張していた。ただ彼のミスを待つだけで、これは明らかに間違ったことで彼は自分のショットを打っていた。こんなことは、これからの試合で屋ってはいけないことだね。」と試合を振り返った。

「自分のクオリティは分かっている。それと付き合う大変さが分かっているから、余計なプレッシャーを自分にかけたくないんだ。今大会では自分に注目が集まっていなくて嬉しいよ。正直に言うと、その状況なら僕は自分の試合に集中できるし、早く自分のベストのテニスを展開できるようになると思う。」とコメントしたジョコビッチは、3回戦でM・フィッシュ(アメリカ)と対戦する。第29シードのフィッシュは、J・ティプサレビッチ(セルビア)を6-4, 3-6, 6-1, 6-4で下している。

ジョコビッチとの対戦に対しフィッシュは「彼は世界のベストプレイヤーの1人。良い試合になることを期待しています。彼はコートで極めて良いプレーをし、常に全力を発揮することが出来る選手です。しかし、僕は自分が持っている全てを彼にぶつけて見せるよ。」と意気込みを語った。

世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)が欠場したことで、スペイン勢のトップランカーとなっているベルダスコは、K・フリーゲン(ベルギー)を7-6 (7-3), 6-7 (3-7), 7-6 (7-4), 6-4と2時間55分の接戦の末に下し、3回戦に進出した。

「自分の力を信じていた。僕は現実主義者だから、試合後とに向上していく必要があるんだ。」と語るベルダスコの次の対戦相手は、第32シードのA・モンタネス(スペイン)に決まった。モンタネスは、G・カニャス(アルゼンチン)に6-4, 6-3, 4-6, 6-3で勝利し3回戦に進出している。

またこの日は、前日から順延されたシングルス1回戦1試合が再開され、D・ヒメノ=トラバー(スペイン)T・デント(アメリカ)を7-5, 7-6 (8-6), 4-6, 6-7 (3-7), 6-4で下し、2回戦進出を決めている。

この他の試合の結果は以下の通り。

JW・ツォンガ(フランス) (9) ○-× S・ボレッリ(イタリア), (不戦勝)
M・チリッチ(クロアチア) (11) ○-× S・クエリー(アメリカ), 4-6, 7-6 (7-3), 6-3, 6-7 (4-7), 6-4
R・ソデルリング(スウェーデン) (13) ○-× M・グラノジェルス(スペイン), 4-6, 7-6 (9-7), 6-4, 7-5
T・ロブレド(スペイン) (15) ○-× S・クーベック(オーストリア), 3-6, 4-6, 6-4, 7-6 (7-5), 6-1
D・セラ(イスラエル) ○-× R・シュトラー(ドイツ) (18), 7-6 (7-3), 6-3, 6-2
I・カルロビッチ(クロアチア) (22) ○-× S・ダルシス(ベルギー), 7-5, 6-3, 6-4
T・ハース(ドイツ) (24) ○-× M・ロドラ(フランス), 4-3, 途中棄権
I・アンドレエフ(ロシア) (29) ○-× V・スペーディア(アメリカ), 6-3, 7-5, 6-2
A・セッピ(イタリア) vs. M・ジケル(フランス), 7-5, 6-4, 6-7 (3-7), 5-5, 中断
N・アルマグロ(スペイン) ○-× K・ベック(スロバキア), 6-4, 7-6 (7-2), 3-6, 3-6, 7-5

今大会の優勝勝機は85万ポンド。

(2009年6月25日12時22分)
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!