芝初Vで通算3勝目「混乱してる」

ゲッティイメージズ
芝大会で初優勝したプチンセワ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのロスシー・クラシック(イギリス/バーミンガム、芝、WTA250)は23日、シングルス決勝が行われ、世界ランク41位のY・プチンセワ(カザフスタン)が同190位のA・トムヤノヴィッツ(オーストラリア)を6-1, 7-6 (10-8)のストレートで破り、芝大会で初優勝を飾ると共にツアー3勝目を挙げた。

>>【動画】芝大会で初優勝、プチンセワが喜び爆発<<

>>錦織 圭vsナヴォーネ 1ポイント速報<<

今季は3月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、WTA1000)や5月のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、WTA1000)など4大会でベスト8に進出している29歳のプチンセワ。

過去には2021年のハンガリアン選手権(ハンガリー/ブダペスト、クレー、WTA250)とニュルンベルク・バーシケルングス・カップ(ドイツ/ニュルンベルク、レッド クレー、WTA250)で優勝を収めている。

そして決勝戦の第1セット、プチンセワはファーストサービスが入ったときに89パーセントの高い確率でポイントを獲得し1度もブレークポイントを与えず。わずか1ゲームしか取られることなく28分で先行する。

続く第2セット、プチンセワは第2ゲームでブレークを奪うも2度のブレークを許しゲームカウント4-5とリードされる。それでもトムヤノヴィッツのサービング・フォー・ザ・セットとなった第10ゲームでは1度のセットポイントを凌ぎブレークバックに成功。その後のサービスゲームは互いにキープしタイブレークにもつれ込む。

一進一退の展開となるも4度のミニブレークに成功したプチンセワが3本目のマッチポイントをものにし1時間27分で優勝を決めた。

女子テニス協会のWTAは公式サイトにプチンセワのコメントを掲載している。

「まったく予想していなかったので、自分が何を感じているのか分からない。最高だし混乱もしている。クレーコートではいつも調子が良かったけど、芝コートでも突然調子が良くなった。本当にうれしい!最高よ!」

「素晴らしい試合だった。スタートはすごく良かったけどその後、彼女(トムヤノヴィッツ)が最高レベルまで上げた。彼女は本当に素晴らしいプレーで、私に考える時間や何かをする時間を与えなかった。互角だったけど私の方が少し運が良かった」

[PR]錦織 圭 出場予定!
6/24(月)開幕「男子テニスATPツアー250 イーストボーン」
7/1(月)開幕「ウィンブルドンテニス」 WOWOWオンデマンドでライブ配信!


■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ニューエラ】最新テニスキャップ・Tシャツ
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・逆転負けで大暴れ!ラケット破壊&握手拒否
・プチンセワV「自信ある」
・大坂撃破「1位を倒せて最高」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年6月24日17時59分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


テニスショップ テニスショップ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】diadora キャップ


次へ 次へ

【3】diadora トルネオ2   【4】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【5】diadora ICONシャツ   【6】NEWERA 半袖TEE


次へ 次へ

【7】diadora ロゴTEE   【8】NEWERA 半袖TEE


>>   テニスショップを見る

ディアドラセール

その他のニュース