シナー 世界1位として初V、今季4勝目

ゲッティイメージズ
優勝を果たしたシナー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのテラ・ウォルトマンオープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)は23日、シングルス決勝が行われ、第1シードのJ・シナー(イタリア)が第5シードのH・フルカチュ(ポーランド)を7-6 (10-8), 7-6 (7-2)のストレートで破って優勝を飾り、3月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)以来となる今シーズン4勝目をあげた。

>>錦織 圭vsナヴォーネ 1ポイント速報<<

>>錦織 圭、フリッツら ロスシー国際組合せ<<

22歳のシナーが同大会に出場するのは2年連続2度目。昨年は準々決勝で途中棄権し大会を去った。

シナーは6月10日付のATP世界ランキングで初の世界ランク1位の座に就いており、王者として迎える初の大会となった今大会は1回戦で同27位のT・フリークスポール(オランダ)、2回戦で同45位のF・マロジャン(ハンガリー)、準々決勝で同41位のJ・シュトルフ(ドイツ)、準決勝で同42位のジャン・ジジェン(中国)を下し決勝に駒を進めた。

決勝戦、シナーは10本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに94パーセントの高い確率でポイントを獲得。フルカチュに1度もブレークを許すことのないプレーを見せる。リターンゲームでは13本のサービスエースを決められるなど、同じくブレークを奪うことができなかったが、2度のタイブレークを制し1時間49分でタイトルを手にした。

シナーが今季ツアー優勝を飾るのは1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)、2月のABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、室内ハード、ATP500)、3月のマイアミ・オープン以来4度目。キャリアでは14勝目となった。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはシナーのコメントが掲載されている。

「とても意味のあることだ。フビ(フルカチュ)との試合はタフだったね。いいサーブを打たなければならないことはわかっていたし、全セットを通して、本当に重要なポイントは2、3ポイントしかない。だからそこを取れたのはうれしかったし、大事な場面で最高のプレーができるように努力した。グラスコートでの初優勝はとてもいい気分だ」

また、世界ランク1位として初めて臨む大会でタイトルを獲得したのは史上8人目となった。直近では2016年にA・マレー(イギリス)が年末の最終戦Nitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)を制している。

[PR]錦織 圭 出場予定!
6/24(月)開幕「男子テニスATPツアー250 イーストボーン」
7/1(月)開幕「ウィンブルドンテニス」 WOWOWオンデマンドでライブ配信!


■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ディアドラ】この夏「必ず」手に入れたいアイテム登場!
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・17歳の齋藤 咲良 ITF大会で優勝
・ウィンブルドン賞金 10年で2倍に
・大坂 なおみ 芝大会3週連続出場へ

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年6月24日7時21分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


テニスショップ テニスショップ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】diadora キャップ


次へ 次へ

【3】diadora トルネオ2   【4】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【5】diadora ICONシャツ   【6】NEWERA 半袖TEE


次へ 次へ

【7】diadora ロゴTEE   【8】NEWERA 半袖TEE


>>   テニスショップを見る

ディアドラセール

その他のニュース