強心臓みせ15年ぶり快挙V

ゲッティイメージズ
パッサロ(BNLイタリア国際)
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのピエモンテ・オープン・インテサ・サンパオロ(イタリア/トリノ、クレー、ATPチャレンジャー)は19日にシングルス決勝が行われ、ワイルドカード(主催者推薦)で出場した世界ランク240位のF・パッサロ(イタリア)が第1シードのL・ムセッティ(イタリア)を6-3, 7-5のストレートで破り、チャレンジャー大会で2度目の優勝を飾った。

>>望月 慎太郎 全仏OP予選1回戦 1ポイント速報<<

>>島袋 将 全仏OP予選1回戦 1ポイント速報<<

23歳のパッサロは今大会、1回戦で世界ランク90位のD・ガラン(コロンビア)、2回戦で同71位のE・ルースブオリ(フィンランド)、準々決勝で同72位のB・ナカシマ(アメリカ)、準決勝で第4シードで同47位のL・ソネゴ(イタリア)と4名のトップ100の選手を下し決勝に進出した。

決勝戦の第1セット、パッサロはファーストサービス時に71パーセントの確率でポイントを獲得しムセッティに1度もブレークポイントを与えずキープを続け、リターンゲームでは第2ゲームでブレークを奪い先行する。

続く第2セット、両者1度ずつブレークを奪い合い迎えた終盤の第11ゲームでパッサロがこのセット2度目のブレークに成功。

サービング・フォー・ザ・チャンピオンシップとなった第12ゲームでパッサロは1度ブレークポイントを握られたものの、この場面でコート後方で構えるムセッティに対しアンダーサーブを放ちポイントを獲得。セット終盤のブレークポイントという緊迫した場面でアンダーサーブを成功させる"強心臓"ぶりを披露したパッサロは、その後ムセッティのミスを誘いチャレンジャー大会で2度目の優勝を成し遂げた。

なお、チャレンジャー大会で5名のトップ100選手を下しての優勝は、2009年3月のBMWテニスチャンピオンシップ(アメリカ/サンライズ、ハード、ATPチャレンジャー)で優勝したR・ソダーリン(スウェーデン)以来約15年ぶりの快挙となった。同大会でソダーリンは準決勝で当時世界ランク34位のF・ロペス(スペイン)、決勝で同22位のT・ベルディヒ(チェコ)を下すなどし優勝した。

今回の結果、パッサロは5月20日付のATP世界ランキングで大きく順位を上げ133位となった。


【ディアドラ】普段使いにも取り入れたいスポーツウエア
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・まさかのミスに審判も爆笑
・綿貫 陽介が全仏OP欠場
・2大会連続準V「何度負けても…」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年5月20日15時36分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラキャンペーン

その他のニュース
もっと見る(+5件)