トップ10に連勝!激闘制し4強入り

ゲッティイメージズ
トミー・ポール
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は16日にシングルス準々決勝が行われ、第14シードのT・ポール(アメリカ)が第7シードのH・フルカチュ(ポーランド)を7-5, 3-6, 6-3のフルセットで破り、「ATPマスターズ1000」で3度目のベスト4進出を果たした。

>>西岡 良仁vsナカシマ 1ポイント速報<<

>>ダニエル 太郎vsバウティスタ=アグ 1ポイント速報<<

>>ズベレフ、チチパスらBNLイタリア国際組合せ<<

26歳で世界ランク16位のポールが同大会の本戦に出場するのは4年連続4度目。過去2回戦以上に進出したことがなかったポールだが、今大会では初戦の2回戦で世界ランク86位のA・カラツェフ、3回戦で同52位のD・ケプファー(ドイツ)、4回戦で前年王者で第2シードのD・メドベージェフを下し8強入りした。

準々決勝の第1セット、両者2度ずつブレークを奪い合い迎えた第11ゲームで、ポールは3度目のブレークを果たし先行する。

続く第2セット、第1ゲームでブレークに成功したポールだったが、その後2度のブレークを許すと、リターンゲームではフルカチュのサービスを崩せず1セットオールに追いつかれる。

ファイナルセット、両者は激しいストローク戦を展開するとポールは3度、フルカチュは2度相手のサービスゲームを破りブレークに成功する。ブレークの差でリードしていたポールは第9ゲームでサービング・フォー・ザ・マッチを迎えると、フルカチュに6度ブレークポイントを握られるも全てしのぎ、自身は4度目のマッチポイントでフルカチュのミスを誘い2時間43分の激闘を制した。

世界ランク4位のメドベージェフに続き同9位のフルカチュを破ったポールは初めてトップ10の選手に連勝。また、この勝利はポールにとってツアー150勝目となった。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはポールのコメントが掲載されている。

「出だしはとてもよかったけど、第2セットと第3セットの序盤は本当にうまくいかなかった」

「第3セットでは自分自身を奮い立たせるために、少しエネルギーを使って粘るしかなかった。僕はフォアハンドをもっと意識して、より大きく打って、もう少し激しくプレーするようにした。それが最終的には鍵になったと思う」

クレーコートの「ATPマスターズ1000」では初となる4強入りを果たしたポールは、準決勝で第6シードのS・チチパス(ギリシャ)と第21シードのN・ジャリー(チリ)の勝者と対戦する。


【ディアドラ】普段使いにも取り入れたいスポーツウエア
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・ジョコ、ナダルらに次ぐ5人目の記録
・引退シュワルツマン 錦織 圭やBIG4との戦績は?
・憧れていては勝てない 一石投じる

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年5月17日0時09分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラキャンペーン

その他のニュース
もっと見る(+5件)