【出場選手一覧】大坂なおみらマイアミOP

ゲッティイメージズ
大坂なおみとシフィオンテク(2022年マイアミOP)
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、WTA1000)は21日に出場予定選手(エントリーリスト)を公開。世界ランク1位のI・シフィオンテク(ポーランド)ら上位選手に加え、日本からは大坂なおみがスペシャルランキング(出産や負傷などによる長期離脱選手の救済制度)46位を使用して名を連ねた。

>>【動画】大坂 なおみvsプリスコバ カタールOP準々決勝ハイライト!<<

同大会は3月19日から31日にかけて開催される。昨年は決勝でP・クヴィトバ(チェコ)E・ルバキナ(カザフスタン)を7-6 (16-14), 6-2のストレートで破り、大会初優勝を果たした。

今大会には世界ランキング上位の選手が軒並みエントリーしているほか、日本からは大坂がスペシャルランキングを利用してエントリーした。

26歳の大坂は昨年7月に出産し、今シーズンの開幕とともにツアーに復帰。今月行われたカタール・トータルエナジー・オープン(カタール/ドーハ、ハード、WTA1000)では8強入りし、世界ランキングは現在286位となっている。

大坂が同大会に出場するのは2年ぶり7度目。前回出場した2022年大会では決勝でシフィオンテクに4-6, 0-6のストレートで敗れたものの、同大会最高成績となる準優勝を飾った。

【マイアミ・オープン女子 出場予定選手】
I・シフィオンテク
A・サバレンカ
C・ガウフ(アメリカ)
E・ルバキナ
J・ペグラ(アメリカ)
O・ジャバー(チュニジア)
ジェン・チンウェン(中国)
M・ボンドロウソワ(チェコ)
J・オスタペンコ(ラトビア)
K・ムチョバ(チェコ)
M・サッカリ(ギリシャ)
B・クレチコバ(チェコ)
D・カサトキナ
B・ハダッド=マイア(ブラジル)
L・サムソノヴァ
M・キーズ(アメリカ)
E・アレクサンドロワ
V・クデルメトバ
E・スイトリナ(ウクライナ)
C・ガルシア(フランス)
S・シルステア(ルーマニア)
E・ナヴァッロ(アメリカ)
A・パブリュチェンコワ
E・メルテンス(ベルギー)
J・パオリーニ(イタリア)
V・アザレンカ
L・ノスコヴァ(チェコ)
D・ヤストレンスカ(ウクライナ)
M・コスチュク(ウクライナ)
D・ヴェキッチ(クロアチア)
A・ケルバー(ドイツ)
A・カリーニナ(ウクライナ)
L・フェルナンデス(カナダ)
L・ツレンコ(ウクライナ)
P・バドサ(スペイン)
A・ポタポヴァ
Ka・プリスコバ(チェコ)
M・ブズコバ(チェコ)
M・アンドレーワ
K・シニアコバ(チェコ)
A・カリンスカヤ
S・スティーブンス(アメリカ)
ワン・シンユ(中国)
A・ルス(オランダ)
C・ドールハイド(アメリカ)
D・コリンズ(アメリカ)
大坂なおみ
C・ブレル(フランス)
M・リネッタ(ポーランド)
ザン・シュアイ(中国)
V・グラシェバ(フランス)
K・ボールター(イギリス)
S・ソリベス=トルモ(スペイン)
S・ロジャース(アメリカ)
A・ブリンコワ
M・フレッチ(ポーランド)
T・マリア(ドイツ)
D・サビル(オーストラリア)
S・ケニン(アメリカ)
A・ボグダン(ルーマニア)
ヂュー・リン(中国)
E・コッチャレット(イタリア)
M・トレヴィサン(イタリア)
L・ブロンゼッティ(イタリア)
P・マルティッチ(クロアチア)
A・アニシモワ(アメリカ)
E・アバネスヤン
D・パリー(フランス)
ワン・シユ(中国)
P・スターンズ(アメリカ)
A・セバストバ(ラトビア)
M・シェリフ(エジプト)
C・ブクサ(スペイン)
V・トモワ(ブルガリア)
ユアン・ユエ(中国)

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 限定発売>




■関連ニュース

・史上初 トップ10に片手バックの選手なし
・杉田 祐一【引退コメント全文】
・ご乱心 重要ポイント手放すまさかの行動

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年2月22日16時50分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)