サッカリの途中棄権で決勝へ

ゲッティイメージズ
エカテリーナ・アレクサンドロワ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのVTBクレムリン・カップ(ロシア/モスクワ、室内ハード、WTA500)は23日、シングルス準決勝が行われ、世界ランク37位のE・アレクサンドロワ(ロシア)が第3シードのM・サッカリ(ギリシャ)の途中棄権によって、決勝戦進出を決めた。

>>【YouTube】近畿大学に潜入、強さの秘密とは?! 松田龍樹や田口涼太郎らに独占インタビュー<<

>> クレムリンカップ男子組合せ<<

地元大会に挑んでいるアレクサンドロワはこの試合、世界ランク7位のサッカリ相手にファーストサービスが入ったときに100パーセントの確率でポイントを獲得。第1セットを4-1とすると、サッカリが体調不良を訴え、試合は22分で終了。
この結果により、7大会連続でモスクワの決勝戦に地元の選手が進出することになった。

アレクサンドロワは今大会の1回戦でも対戦相手のO・ジャバー(チュニジア)の途中棄権によって勝ち上がっており、2回戦では世界ランク57位のA・カリーニナ(ウクライナ)に6-4, 6-1のストレートで勝利。準々決勝では第1シードのサバレンカを6-3, 6-4のストレートで破り、準決勝進出を決めた。

決勝戦では第9シードのA・コンタベイト(エストニア)と対戦。コンタベイトは準決勝で世界ランク35位のM・ボンドロウソワ(チェコ)を、6-3,6-4のストレートで破り、今年5度目の決勝戦進出を果たしている。


[PR]男子テニスATPツアー250 アントワープ
10/18(月)~10/24(日)

男子テニスATPツアー500 ウィーン
10/25(月)~10/31(日)

WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>


■関連ニュース

・「大坂の考え同意できない」
・錦織との不平等にジョコ不満
・大坂 なおみ、失格ジョコに言及
■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年10月24日16時57分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)