ティアフォー 2回戦敗退

ゲッティ イメージズ
フランシス・ティアフォー
画像提供:ゲッティ イメージズ

東京オリンピック(日本/東京、ハード)は27日、テニスの男子シングルス2回戦が行われ、世界ランク54位のF・ティアフォー(アメリカ)は第3シードのS・チチパス(ギリシャ)に3-6, 4-6のストレートで敗れ、3回戦進出とはならなかった。

国際テニス連盟のITFは公式サイトにティアフォーのコメントを掲載し「今日のサーブはあまりよくなかった。彼(チチパス)は多くのセカンドサーブがあった。彼はフォアハンドでポイントを稼ぐことができた。ウィンブルドンではサーブの調子がよく、サーブ・アンド・ボレーでプレッシャーをかけることができていた」と語った。

「今日の彼のプレーは素晴らしかった。ボールをよく打っていた。大事な画面で正しいの選択をした。彼はいい選手。彼がここにいるのには理由がある」

勝利したチチパスは3回戦で第14シードのU・アンベール(フランス)と対戦する。アンベールは2回戦で世界ランク52位のM・キツマノビッチ(セルビア)を逆転で下しての勝ち上がり。

同日の2回戦では、第8シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)、第12シードのK・ハチャノフ(ロシア)、世界ランク68位のJ・シャルディ(フランス)、同69位の錦織圭が16強へ駒を進めた。




■関連ニュース

・前週V、ティアフォー2度目の8強
・ティアフォー コロナ影響語る
・ティアフォー 快勝でCH制覇

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年7月27日19時21分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)