公式戦6連勝 マドリッド初8強

ゲッティイメージズ
ベスト8進出を果たしたベレッティーニ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は6日、シングルス3回戦が行われ、第8シードのM・ベレッティーニ(イタリア)が予選から出場していた世界ランク77位のF・デルボニス(アルゼンチン)を7-6 (7-4),6-4のストレートで破り、大会初のベスト8進出を果たした。

>>ナダルvsズベレフ 1ポイント速報<<

>>ナダルらマドリッドOP対戦表<<

同大会初の本戦を戦っている25歳のベレッティーニはこの日、7本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに83パーセントの高い確率でポイントを獲得。ダブルフォルトを1度もしない安定感のあるサービスゲームを披露し、1時間36分で勝利した。

4月のセルビア・オープン(セルビア/ベオグラード、レッドクレー、ATP250)で優勝を飾ったベレッティーニは、同大会を含め現在マッチ6連勝中。準々決勝では第16シードのC・ガリン(チリ)と対戦する。ガリンは3回戦で第2シードのD・メドベージェフ(ロシア)をフルセットで下しての勝ち上がり。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはベレッティーニのコメントが掲載されている。

「本当にうれしいよ。そう思うと同時に、これはそう簡単にできることではない。一生懸命戦わなければいけなかった。全ての試合が戦いだ。精神的な準備ができるように、たくさんの努力をしている」

「今日の試合は、本当に数ポイントの差で決まるタフな試合だったと思う。でも、僕は準備ができていた。重要な場面でのプレーやサーブ、リターンの準備ができていた。それが僕の求めていたこと」

「もちろん、自信を持ってここに来た。『準々決勝や準決勝に進出しなければならない』などとは思っていなかったよ。次から次へと試合をこなしていくだけ。今、目の前にあるのは準々決勝だ。本当にタフな試合になると思う。クリスチャン(ガリン)はいいプレーをしている。でも、僕も自信がある。良いプレーをしているし、戦いを楽しんでいる。準備はできているよ」

同日には第1シードのR・ナダル(スペイン)、第3シードのD・ティーム(オーストリア)、第5シードのA・ズベレフ(ドイツ)らが8強に駒を進めた。

[PR] 男子テニスATPツアーマスターズ1000 マドリード
5/2(日)~5/9(日)
男子テニスATPツアーマスターズ1000 ローマ
5/9(日)~5/16(日)
WOWOWオンデマンドで配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・大坂 なおみ、失格ジョコに言及
・錦織との不平等にジョコ不満
・錦織に「きつい状況」と理解

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2021年5月7日13時55分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)