初V王手で今季3度目の対戦へ

ゲッティイメージズ
決勝進出を果たしたサバレンカ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、WTA1000)は6日、シングルス準決勝が行われ、第5シードのA・サバレンカ(ベラルーシ)が世界ランク41位のA・パブリュチェンコワ(ロシア)を6-2,6-3のストレートで破り、大会初の決勝進出を果たした。

>>ナダルらマドリッドOP対戦表<<

>>バーティらマドリッドOP対戦表<<

23歳のサバレンカはこの試合、4本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに69パーセントの確率でポイントを獲得。パブリュチェンコワに1度ブレークを許したものの、リターンゲームでは4度のブレークに成功し、1時間3分で決勝へ駒を進めた。

女子プロテニス協会のWTA公式サイトには今季開幕戦のアブダビ・WTAテニス・オープン(アラブ首長国連邦/ アブダビ、ハード 、WTA500)以来 約4カ月ぶり10個目のタイトルを狙うサバレンカのコメントが掲載された。

「クレーコートでの自分のプレーはとても良くなったと思う。確かに自信にはなったけど、まだまだ課題はたくさんある。でも、マドリッドでの自分のレベルにはとても満足している。外から見れば、全てが自分の思い通りになっているように見えるだろうけど、いくつかのゲームではサーブの感触がなかったりもした。何かがうまくいかないゲームもあったからそこを改善したい」

決勝戦では第1シードのA・バーティ(オーストラリア)と顔を合わせる。バーティは準決勝で世界ランク62位のP・バドサ(スペイン)をストレートで下しての勝ち上がり。

サバレンカはバーティと今年3度目の対戦。マイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、WTA1000)の準々決勝、ポルシェ・テニス・ グランプリ(ドイツ/シュトゥットガルト、レッドクレー、WTA500)決勝ではいずれもバーティにフルセットで敗れており、通算戦績ではサバレンカの3勝4敗となっている。

一方、敗れたパブリュチェンコワは大会初の決勝進出とはならなかった。

[PR] 男子テニスATPツアーマスターズ1000 マドリード
5/2(日)~5/9(日)
男子テニスATPツアーマスターズ1000 ローマ
5/9(日)~5/16(日)
WOWOWオンデマンドで配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・大坂 なおみ、失格ジョコに言及
・錦織との不平等にジョコ不満
・錦織に「きつい状況」と理解

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2021年5月7日8時57分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)