西岡良仁 痙攣で途中棄権

ゲッティイメージズ
西岡良仁
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は2日、第2シードの西岡良仁が世界ランク92位のM・ギロン(アメリカ)とシングルス予選決勝を戦ったが、7-6 (7-4), 4-6の時点で途中棄権し、大会初の本戦出場とはならなかった。

>>錦織らマドリッドOP対戦表<<

>>錦織vsハチャノフ 1ポイント速報<<

西岡は試合後にツイッターで「右太ももの痙攣によりリタイアとなりました。テニス自体はかなり良く、セカンド4-2とリードした所で動けなくなりました」と報告した。

「かなりボールが跳ねる為常にジャンプを強いられているので、その分足にきたのかと思います。テニスが良いだけ残念ですが、ラッキールーザーで入れる事を祈ります」

本戦の第1シードはR・ナダル(スペイン)、第2シードはD・メドベージェフ(ロシア)、第3シードはD・ティーム(オーストリア)、第4シードはS・チチパス(ギリシャ)、第5シードはA・ズベレフ(ドイツ)、第6シードはA・ルブレフ(ロシア)、第7シードはD・シュワルツマン(アルゼンチン)、第8シードはM・ベレッティーニ(イタリア)。上位8シードは1回戦免除のため2回戦から登場する。

また、日本勢では世界ランク41位の錦織圭が本戦から出場し、1回戦で同23位のK・ハチャノフ(ロシア)と顔を合わせる。

[PR]男子テニスATPツアーマスターズ1000 マドリード
5/2(日)~5/9(日)
男子テニスATPツアーマスターズ1000 ローマ
5/9(日)~5/16(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>





■関連ニュース

・西岡「不愉快な試合でした」
・ナダル 西岡良仁を称賛
・西岡良仁 ディミトロフに完敗

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2021年5月3日0時03分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)