西岡/国枝の複などが実現

tennis365.net
(左から)国枝、西岡、ダニエル太郎
画像提供:tennis365.net

テニスのエキシビションマッチ「日本男子トップ選手集結!チャレンジテニス」は28日に2日目が開催され、西岡良仁ダニエル太郎国枝慎吾らが登場した。

【YouTube】キレッキレのスライス 内山 靖崇から3つの極意を学ぶ

【YouTube】強烈サーブに吹き飛ばされる!? 【内山 靖崇】と五番勝負で再戦、リターンなるか!?

同イベントはダニエル、国枝の呼びかけにより合計9名の選手が参加。27・28日の2日間にわたり試合を行う。

対戦形式は通常のテニスの試合と異なり、2チームに分かれての団体戦で開催。1試合45分で行われ、最終的な総獲得ゲーム数の多いチームが勝利する。

28日はシングルス5試合とダブルス1試合が開催され、「Team Shingo」が32-28で勝利した。

28日の対戦結果は以下の通り。

守屋宏紀(Team Shingo) 5-3 斉藤貴史(Team Taro)

中川直樹(Team Shingo) 5-5 綿貫陽介(Team Taro)

伊藤竜馬(Team Shingo) 6-5 綿貫陽介(Team Taro)

内山靖崇(Team Shingo) 4-4 添田豪(Team Taro)

西岡良仁(Team Shingo) 4-7 ダニエル太郎(Team Taro)

西岡良仁/ 国枝慎吾(Team Shingo) 8-4 ダニエル太郎/ 荒井大輔(Team Taro)

男子テニスツアーは現在、新型コロナウイルスの影響で7月31日までの中止が決定。再開は8月13日に開幕予定のシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)となっている。




■関連ニュース

・男女ツアーの再開スケジュール
・観客動員の大会、米で開催へ
・BIG4世代の苦労 シモン語る

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2020年6月28日17時40分)
その他のニュース