マレー 死闘制しオランダ撃破

ゲッティイメージズ
アンディ・マレー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの国別対抗戦デビスカップ・ファイナルズ(スペイン/マドリッド、ハード)は20日、グループEの第2戦が行われ、イギリスがオランダを2勝1敗で下して勝利した。

この日、世界ランク126位のA・マレー(イギリス)が同179位のT・グリークスポア(オランダ)を6-7 (7-9), 6-4, 7-6 (7-5)の逆転で勝利。シングルス第2試合を落とすも、ダブルスのJ・マレー(イギリス)/ N・スクプスキ組がストレートで勝利をおさめ、イギリスが予選ラウンドロビンを1勝0敗とした。

2時間52分の死闘を制したマレーは試合後に「当たり前だが今はほっとしている。僕が今回の試合の勝者にふさわしかったとは思わない。僕も最後までとてもハードに戦ったが、彼(グリークスポア)は多くのポイントを支配していた」と振り返った。

「会場の雰囲気はとてもよかった。多くのイギリスのファンで会場が埋まっていたと思う。素晴らしかった。どの試合も見たいはず。開始からとてもいい空気だった」

イギリスとオランダの結果は以下の通り。

シングルス1:A・マレー 6-7 (7-9), 6-4, 7-6 (7-5) T・グリークスポア
シングルス2:D・エヴァンス(イギリス) 6-3, 6-7 (5-7), 4-6 R・ハーセ(オランダ)
ダブルス:J・マレー/ N・スクプスキ 6-4, 7-6 (8-6) W・クールハフ/ J・ロジェール

グループEの代表メンバーは以下の通り。

【イギリス】
A・マレー
D・エヴァンス
J・マレー
N・スクプスキ
K・エドモンド(イギリス)

【カザフスタン】
A・ブブリク(カザフスタン)
M・ククシュキン(カザフスタン)
D・ポプコ(カザフスタン)
A・ネドビエソッフ(カザフスタン)
A・ゴルベフ(カザフスタン)

【オランダ】
R・ハーセ
T・グリークスポア(オランダ)
B・ザンドスルプ(オランダ)
W・クールハフ(オランダ)
J・ロジェール(オランダ)

「男子テニス国別対抗戦デビスカップ 決勝ラウンド」
母国の名誉と威信を懸けてしのぎを削る“テニスのワールドカップ”。新フォーマットで争われる世界最強国の称号を懸けた戦いを生中継でお届け!

【大会期間】
11月18日(月)~25日(月)連日生中継
■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・妨害行為にマレーが怒り
・ルール違反に怒りのマレー
・錦織 マレーと「対戦したい」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年11月21日10時29分)
その他のニュース