杉田祐一 死闘制し4強入り

tennis365.net
全米オープンの杉田祐一
画像提供:tennis365.net

男子テニスのイントゥルム・ストックホルム・オープン(スウェーデン/ストックホルム、室内 ハード、ATP250)は18日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク129位の杉田祐一が元世界ランク8位のJ・ティプサレビッチ(セルビア)を6-2, 4-6, 7-6 (7-4)のフルセットで破り、大会初のベスト4進出を果たした。

この日、杉田は第1セットではファーストサービスが入った時に81パーセントの高い確率でポイントを獲得。第2セットは落とすも、ファイナルセットではタイブレークを制し、3時間9分の死闘の末に勝利した。

準決勝では第4シードのD・シャポバロフ(カナダ)と決勝進出をかけて対戦する。シャポバロフは準々決勝で、世界ランク213位のC・M・ステベ(ドイツ)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日の準々決勝では、第5シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)と世界ランク60位のF・クライノビッチ(セルビア)が4強へ駒を進めた。

錦織圭 出場予定 男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ」

【大会期間】
10/28(月)~11/23(日)※大会1日目無料配信 WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・杉田祐一「入籍いたしました」
・錦織 杉田を評価「30・20位」
・「杉田素晴らしい」とティーム

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年10月19日7時40分)
その他のニュース