国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

意外?ジョコ 芝勝利数マレーに追いつく

ジョコビッチ、マレー
(左から)ジョコビッチとマレー
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は日本時間9日(現地8日)、男子シングルス4回戦が行われ、第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第15シードのH・ルーネ(デンマーク)を6-3, 6-4, 6-2のストレートで破り、同大会では15回目、四大大会では60回目のベスト8進出を果たした。また、ジョコビッチはこれが芝コートでのシングルスマッチ119勝目となり、A・マレー(イギリス)らに並び歴代13位タイとなった。

>>【動画】ジョコビッチ 観客に痛烈メッセージ「グーーーーッドナイト」<<

>>【動画】ジョコビッチ 四大大会通算60度目の8強入り決めた瞬間<<

>>ジョコビッチ、アルカラス、シナーら ウィンブルドン組合せ<<

同大会で7度の優勝を誇る37歳のジョコビッチは、この日の4回戦で21歳のルーネを圧倒。ファーストサービス時に75パーセントの確率でポイントを獲得しルーネにブレークを与えず、リターンゲームでは4度のブレークに成功し、2時間3分で完勝した。

ジョコビッチはこの勝利が芝コートでのシングルスマッチ119勝目となった。これはマレーと、1970年頃活躍した元世界ランク9位のA・メトレベリ(ジョージア)に並ぶ歴代13位の記録となる。

同じ時代にしのぎを削ってきた37歳で同い年のジョコビッチとマレー。芝コートではマレーが119勝30敗でジョコビッチは119勝19敗となった。

試合数ではマレーが11試合多いとはいえ、ウィンブルドンでの優勝回数が7度のジョコビッチに対し、同2度のマレーの方がこれまで多く勝利を挙げていたことを少し意外に感じるファンもいるだろう。

ジョコビッチとマレーの対戦成績はジョコビッチから25勝11敗となっているが、芝コートの対戦に限るとマレーの2勝0敗。

芝コートでの2度の対戦は、マレーが金メダルを獲得した2012年のロンドンオリンピック(イギリス/ロンドン、芝)準決勝と、マレーが優勝を飾った2013年のウィンブルドン決勝で、マレーはいずれもジョコビッチにセットを奪われておらず、ストレートで勝利している。

なお、芝コートでの勝利数歴代1位はR・フェデラー(スイス)で、192勝29敗となっている。

ジョコビッチは同記録で歴代単独13位となる120勝目を目指し、準々決勝で第9シードのA・デ ミノー(オーストラリア)と対戦する。デ ミノーは4回戦で世界ランク34位のA・フィス(フランス)を下しての勝ち上がり。

[PR]ウィンブルドンテニス
7/15(月・祝)までWOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の全試合をライブ配信予定!


■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ニューエラ】最新テニスキャップ・Tシャツ
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・錦織 圭 パリ五輪前哨戦に出場へ
・ジョコ「テニスは絶滅の危機」
・波紋 ウクライナ選手が元露選手と握手拒否

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年7月9日22時13分)

その他のニュース

7月23日

大坂102位、内島は自己最高位へ (13時43分)

東京五輪銀メダリストがパリ欠場へ (11時50分)

ダニエル、ジョコと練習「夢みたいな貴重な経験」 (11時03分)

20歳が初のトップ20へ (9時56分)

世界7位が五輪欠場、傷癒えず (8時27分)

西岡良仁 ストレート勝ちで初戦突破 (7時29分)

7月22日

30歳で悲願のツアー初優勝 (22時02分)

第2シードの本玉真唯が初戦突破 (21時01分)

西岡良仁 初戦は予選勝者に (19時07分)

熱戦制し2連覇「厳しい試合」 (17時59分)

飛躍の20歳 全サーフェスV達成 (14時24分)

復帰後早くも2度目V「信じられない」 (12時14分)

ダニエル太郎 ジョコと五輪に向け練習 (11時10分)

20歳フィスがズベレフ破り2度目V (9時35分)

ナダル撃破しツアー初V「感動」 (8時42分)

ナダル準Vも「満足できない」 (7時42分)

7月21日

19歳 リターン無双、2年連続決勝進出 (20時02分)

今井慎太郎V 高額賞金「ありがたい」 (19時20分)

西郷里奈が高額賞金大会V (18時21分)

チチパス下し今季3度目の決勝進出 (13時31分)

ナダルと決勝「夢のよう」 (11時53分)

望月慎太郎 6連敗 遠い白星 (10時42分)

ズベレフ 快勝で2連覇王手 (9時01分)

ナダル 131度目の決勝進出、復活V王手 (8時20分)

7月20日

20歳のフィス4強 ルーネが途中棄権 (18時02分)

チチパス4強 次戦はベレッティーニ (16時08分)

内山、島袋との接戦制し4強 (15時00分)

産後の復活支えたコーチと別れ「感謝」 (14時01分)

“絶体絶命”寝そべりながらスーパーショット (12時33分)

ナダル 4時間死闘「最後までもった」 (11時31分)

ズベレフ、シナー抜き今季最多勝 (10時27分)

ナダル 4時間死闘制し4強 (8時59分)

【動画】ダニエルとジョコビッチ 有観客で練習 (0時00分)

【動画】西岡、第1セット先取で座り込む (0時00分)

【動画】飛躍の20歳シュナイダー 全サーフェスV達成の瞬間! (0時00分)

【動画】ベレッティーニ 復帰後2度目の優勝!勝利の瞬間! (0時00分)

【動画】ジョコビッチとダニエル太郎が五輪に向けトレーニング(ジョコビッチの投稿) (0時00分)

【動画】ズベレフ撃破!20歳フィス 優勝の瞬間! (0時00分)

【動画】ナダル撃破!ボルジェス ATPツアー初優勝の瞬間! (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!