国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

王者ジョコの敗戦 10年ぶり

ノヴァーク・ジョコビッチ
WBセンターコートで10年ぶりに敗れたジョコビッチ
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は16日、男子シングルス決勝が行われ、第2シードで大会4連覇中のN・ジョコビッチ(セルビア)は第1シードのC・アルカラス(スペイン)に6-1, 6-7 (6-8), 1-6, 6-3, 4-6のフルセットに及ぶ死闘の末に敗れ、男女を通じて歴代最多タイとなる24度目の四大大会制覇を逃した。なお、ジョコビッチがウィンブルドンのセンターコートで敗れるのは2013年以来10年ぶりとなった。

>>【動画】表彰式で涙するジョコビッチ<<

>>アルカラス初優勝、ウィンブルドン組合せ・結果<<

36歳のジョコビッチはウィンブルドンで5連覇と8度目の優勝を狙い今大会も順調に勝ち進み、準決勝では第8シードのJ・シナー(イタリア)をストレートで下し決勝に駒を進めた。

決勝戦の第1セット、ジョコビッチは開始から2度のブレークを奪うと5ゲームを連取し、34分で先行する。しかし、続く第2セットをタイブレークの末に落とし1セットオールに追いつかれる。

第3セット、ジョコビッチは勢いに乗るアルカラスに第1ゲームでブレークを許すと第5ゲームで2度目のブレークを奪われ、セットカウント1-2と後がなくなる。それでも第4セットでは第5ゲームでブレークに成功。さらに第9ゲームで2度目のブレークを奪い、セットカウント2-2に追いつく。

迎えたファイナルセット、ジョコビッチは第2ゲームでブレークポイントを握るも凄まじい守備力をみせたアルカラスに凌がれると、直後の第3ゲームで先にブレークを許す。このゲーム終了後、怒りを露わにしポールにラケットを叩きつけ破壊したジョコビッチは、その後ブレークを返せず、4時間42分に及ぶ死闘の末敗れた。

ジョコビッチがウィンブルドンで敗れるのは2017年以来6年ぶり。当時は準々決勝でT・ベルディヒ(チェコ)と対戦し、6-7 (2-7), 0-2とリードを許した時点で途中棄権した。この試合を最後にジョコビッチは1度も負けることなく2018年から4連覇を達成した。(2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止)

また、ウィンブルドンのセンターコートでの敗戦となると2013年以来10年ぶりに。当時は決勝でA・マレー(イギリス)と対戦するも4-6, 5-7, 4-6のストレートで敗れている。

一方、勝利したアルカラスはウィンブルドン初優勝を飾り、四大大会2勝目。さらに男子テニス界を長らく牽引してきたR・フェデラー(スイス)R・ナダル(スペイン)、ジョコビッチ、A・マレーの"BIG4"以外の選手がウィンブルドンで優勝するのは2002年のL・ヒューイット(オーストラリア)以来21年ぶりの快挙となった。

[PR]錦織 圭 復帰第1~3戦の試合・ハイライト・インタビューをWOWOWでアーカイブ配信中

7/3~7/17 ウィンブルドンテニス WOWOWで連日生放送!WOWOWオンデマンドでは日本人選手の試合を全試合ライブ配信予定


■WOWOWオンデマンドはこちら>




■関連ニュース

・ジョコ涙、四大大会24勝目ならず
・ジョコ「彼は完成された選手」
・ジョコ、ラケット破壊し警告

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年7月17日14時26分)

その他のニュース

5月19日

初級~女子ダブルス大会開催、焼き芋貰える! (13時59分)

試合が多くできる!混合ダブルス大会  (13時48分)

【告知】ダニエル太郎 予選決勝 (12時25分)

全仏OP3連覇へ レジェンドお墨付き (11時48分)

綿貫陽介が全仏OP欠場 (10時10分)

まさかのミスに審判も爆笑 (8時42分)

2大会連続準V「何度負けても…」 (7時15分)

頂上決戦制しV 史上3人目の快挙も達成 (6時00分)

5月18日

世界2位シナー 全仏OPへ練習再開 (22時49分)

阿部宏美/永田杏里ペアが優勝 (22時05分)

ナダル&フェデラーを広告に起用 (20時04分)

ダニエル太郎 完勝で予選決勝へ (19時11分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 リヨン予選1回戦 (17時30分)

松井/上杉ペア 2大会連続の準優勝 (17時10分)

ジョコvsマレー 実現の可能性 (16時32分)

ベッカーに並ぶ歴代7番目の記録 (15時32分)

チチパス兄弟、全仏ダブルスに出場 (15時02分)

ティーム&シュワルツマン 全仏会場で練習 (12時06分)

ジョコ 全仏OP前週の大会参戦 (11時05分)

西岡 リヨン初戦はモンフィスに (9時20分)

“ダークホース”ジャリーが決勝へ (8時02分)

逆転勝ちズベレフが決勝へ (6時57分)

錦織圭 全仏OP前週の大会を欠場 (6時05分)

【動画】強い!女王シフィオンテク 3度目の優勝に大はしゃぎ! (0時00分)

5月17日

ナブラチロワとエバートの記録に並ぶ (22時58分)

17歳の西村佳世が4強入り (21時00分)

松井/上杉ペア 2大会連続決勝へ (18時09分)

シュワルツマン不満、活躍に見合わず (16時57分)

収入ランク、テニス選手はトップ50入らず (15時54分)

西岡良仁ら 能登半島地震の支援に参加 (15時25分)

26歳の躍進 カギは「ウナギ」にあり (14時58分)

ワウリンカとマレーは2回戦で敗退 (14時01分)

「WTA1000」 2大会連続同カードの決勝に (12時01分)

ローマ4強 ズベレフがV候補筆頭に (11時12分)

マレー、ラケット変更理由明かす (10時08分)

ガウフに快勝、女王が今季4勝目に王手 (8時40分)

マスターズ1000で2名のチリ人が4強の快挙 (7時32分)

ダニエル太郎 元世界9位に屈し8強逃す (3時14分)

西岡良仁 1回戦で途中棄権 (2時55分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsナカシマ (1時08分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsバウティスタ=アグ (0時40分)

トップ10に連勝!激闘制し4強入り (0時09分)

【動画】まさかのミスに審判も味方も爆笑 (0時00分)

5月16日

第1シード秋田史帆 8強入り (20時39分)

険悪ムードも20戦19勝1敗で4強 (18時45分)

西岡良仁 2日遅れで1回戦へ (16時26分)

ローマ4強 トップ3シードが健在 (15時48分)

3試合以上できる!平日シングルス大会 (15時24分)

快勝で2年ぶり4強 盤石のプレー披露 (14時28分)

【YouTube】マレー、ラケットをHEADからYONEXに変更?! 第1回「テニス Weekly News」 (14時02分)

WOWOW 特別企画の配信がスタート (12時00分)

「今が人生最高のテニス」快進撃で4強 (10時58分)

ズベレフ Big3に次ぐクレー記録に到達 (10時15分)

マレー 相手途中棄権で復帰戦白星 (8時31分)

ダニエル太郎 エルベール下し初戦突破 (7時18分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!