国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

国枝慎吾の特別番組 WOWOWで放送

国枝慎吾、小田凱人、松岡修造
松岡修造、国枝慎吾、小田凱人
画像提供: WOWOW
WOWOWでは、今年1月22日に現役引退を表明し、3月3日に、パラアスリートで初、テニス界でも初となる国民栄誉賞の受賞が正式決定した車いすテニスの巨星・国枝慎吾の輝かしい足跡をたどる「国枝慎吾引退スペシャル ~俺は最強だ!~」を3月5日(日)午後9時より放送・配信する。

単複合わせ通算50回、グランドスラムタイトルを勝ち取り、パラリンピックには5大会連続出場、単複合わせて金メダル4枚を獲得した国枝。本人をスタジオに迎え、今年1月の全豪オープンで準優勝した16歳・小田凱人、MC・松岡修造とともに、強さの秘密、その裏側にあった葛藤、引退の理由などに迫る。さらにテニスの未来や妻・愛さんへの思いなども語っている。

番組前半では、松岡が国枝と1対1で、引退を決意するに至った心境や、国枝が座右の銘とする「俺は最強だ!」という言葉に込めた思いなどをじっくりと深掘りしていく。さらに「俺は最強だ!」が生まれるきっかけを作ったメンタルトレーナーのアン・クイン氏へのインタビューをもとに、その粘り強いメンタリティーがどのようにつくられたのかにも迫る。


対談する松岡修造と国枝慎吾[画像提供: WOWOW]

2022年のウィンブルドンで初優勝を果たし、生涯ゴールデンスラムを成し遂げる偉業を達成。そこから約半年での引退発表となったことに、まずは「テニスプレーヤーを世界ナンバーワンのままで終えたわけですが、“最強で終わる”というこだわりがあったんですか?」と切り込んだ松岡。「こだわり...そうですね...」としばし黙考した国枝は、「昨年のウィンブルドンで優勝して、年末まで世界ランキングで1位だったというのはたまたまだったというか。そこに執着したのではなく、たまたまそういうタイミングだったという方が、意味合いとしてはしっくりくるかなと思います」と返答。また引退の理由として、国枝は「競技に対する野心がスッと消えちゃって。このまま続けていくことで、競技に向き合っていく自分を裏切りながらやることになるんじゃないかと思った」と正直な思いを吐露する。

さらに松岡が「国枝さんを見続けてきて、お疲れさまという気持ちなのですが、あえて言わせていただくなら、最強だったら、世界ナンバーワンだったら、まだ戦えるじゃないかとも思ったのですが。それはなぜですか?」と引退の真相を深掘りしていくと、国枝もその問いかけに真摯(しんし)に返答。同じテニスプレーヤーの立場だからこそわかり合える、二人のやりとりにも注目だ。さらに対談では、引退を決めた時の家族の反応や、引退後の暮らしぶりなど、引退した今だからこそ話せるであろう、国枝の正直な思いが次々と飛び出し、松岡も「なるほどなぁ...」としみじみ、深く感じ入った様子だった。

番組後半では、2022年の楽天ジャパンオープンテニス チャンピオンシップス2022(日本 /東京、ハード、ATP500)決勝で激闘を繰り広げた相手であり、今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で準優勝した小田をスタジオゲストに迎え、さらに深化したトークを展開。「自分が車いすテニスを始めた理由も、国枝選手の写真を見てカッコいいなと。こうなりたいなと思った、というのがありました」と語る小田は、「プロになってからは、よりそのすごさ、勝ち続ける難しさも実感しました。16年にわたりトップの位置に居続けることがどれだけ難しいことか、その姿を間近で見て学ぶことも多かった。感謝しかないですね」と国枝への思いを吐露。


16歳の小田凱人[画像提供: WOWOW]

今回の引退に際し「テニスでやりたいことはすべてやりきった」と充実感をのぞかせる国枝だが、その一方で「唯一達成できなかったこと」があったという。その“達成できなかったこと”とは何なのか。そしてその思いを託された小田が語るこれからのテニス界への思いとは何なのか。番組では、国枝が積み重ねてきた栄光の軌跡をたどることはもちろんのこと、これからのテニス界を背負う小田も交えて、大いに語り合っている。さらに番組内では、伊達公子錦織圭N・ジョコビッチ(セルビア)ら、国枝をよく知る人物たちからのメッセージ、そして国枝の活躍を一番近くで支え続けてきた妻・愛さんへの独占インタビューなども紹介する。

<以下、番組収録直後に行った3人へのインタビュー>

収録を終えていかがですか?

国枝:WOWOWさんは2015年からグランドスラムで応援していただいて、僕のテニスもたくさん追っていただいたというのがあるので。過去のVTRも含めて、本当に懐かしい気持ちにもなりましたし、またこうして修造さんや小田選手と一緒に、過去やこれからのことを語ったりしたということで自分自身の整理にもなりました。今までやってきたことを懐かしみながら楽しく収録できたかなと思います。


国枝慎吾[画像提供: WOWOW]

小田:やはり呼んでいただいたからには、(ここに)来るという選択肢しかなかったです。すごく光栄なことですし、今まで僕が見たことがない国枝選手の映像も見ることができました。国枝選手が引退されて、これからは自分たちが、国枝選手が作り上げてきたものをさらに大きくしなければ、という意味でも頑張らないといけないな、とあらためて思いました。

松岡:この番組自体、国枝さんの裏側に迫っているわけですが、今までなかなか見えなかった弱い国枝さんもいたし、自分と戦ってきた国枝さんも、奥さんと一緒に戦ってきた国枝さんもいた。そういうことが見えることで、国枝さんが成し遂げたことが本当にすごかったんだな、ということをあらためて実感しました。また、(次世代の選手である小田選手との)架け橋がここにあったというのも、すごく聞きごたえがある話でしたね。

――番組内で添田豪監督や錦織圭選手から、今後は車いすテニスだけでなく、テニス界全体を盛り上げてほしいというコメントがありました。テニス界を盛り上げるためにはどういうことが必要だと思われますか?

国枝:やっぱり、テニス界が盛り上がるためには選手が頑張るしかないですよね。それが一番手っ取り早いというか、直接的だと思うので。錦織圭選手や大坂なおみ選手がテニスを盛り上げたのと同じように、西岡(良仁)くんなども今、駆け上っている最中だと思いますけど、そういった選手にテニス界を盛り上げてもらいたい。車いすテニスでも、小田選手や上地(結衣)選手らが、パリ(パラリンピック)での金メダルを、世界ナンバーワンを目指してやっていると思うので。みんなで一緒になって、テニス界を盛り上げていってほしいなと思います。僕も、それを少しでも支えることができたらうれしいですね。

――これから番組をご覧になる方へメッセージをお願いします。

松岡:この番組は国枝さんのこれまでの歴史だけではなく、見ている人が“自分でも最強になれるんだ”と思わせてくれる番組ですね。国枝さんの思いを共有しながら、どうやって戦っていくのか、自分でもできるんじゃないかと思わせてくれる。そんな力が国枝さんの最も大きな魅力だと思います。だからみんなも最強になりましょう!

小田:自分のテニス人生はこれからもきっと続くと思いますし、僕個人としてやはり結果を出すことが今は何より大事かなと思うので、そこは引き続き見てほしいと思います。そういう意味で今日は国枝選手のスタジオ収録に呼んでいただいたことがすごく光栄ですし、僕もこの番組を見るのが楽しみだなと思いました。

国枝:僕自身のキャリアの軌跡というか、そういうものが詰まった1時間だと思うので、これを見ていただいて、懐かしんでもらいたいですし、また、新しい車いすテニスの選手にも注目してもらいたい。そういった皆さんの興味や関心をよりかきたてる番組になっていると思うのでぜひご覧いただきたいですね。

【放送・配信情報】
「国枝慎吾引退スペシャル ~俺は最強だ!~」
3/5(日)午後9:00[WOWOW ライブ][WOWOW オンデマンド]
出演:国枝慎吾、小田凱人、松岡修造、宮脇美咲
【関連番組情報】
WOWOW オンデマンドでは国枝慎吾過去の名勝負選なども視聴可能!
https://wod.wowow.co.jp/browse/editorial/25154
【放送予定などの最新情報は番組公式サイト、SNS をチェック!】
WOWOW 番組公式サイト https://www.wowow.co.jp/sports/tennis/
WOWOW テニス公式ツイッター https://twitter.com/wowowtennis
WOWOW テニス公式インスタグラム https://www.instagram.com/wowowtennis/
WOWOW テニスワールド https://wowowtennisworld.jp/
WOWOW テニスワールドツイッター https://twitter.com/w_tennisworld

[PR]祝!国民栄誉賞!3/5(日)午後9:00 WOWOWで放送・配信
「国枝 慎吾 引退スペシャル ~俺は最強だ!~」


■放送&配信スケジュールはこちら>


■関連ニュース

・国枝、国民栄誉賞授与が決定
・国枝に国民栄誉賞「誇らしい」
・国枝慎吾 10度目の年間1位「誇り」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年3月3日17時00分)

その他のニュース

5月20日

初Vならず「もっといいプレーを」 (8時58分)

ズベレフ「いいプレーできれば、誰にでも勝てる」 (7時32分)

ダニエル太郎、初戦は世界54位に (6時26分)

ズベレフ完勝Vでマスターズ6勝目 (5時36分)

5月19日

ティーム&シュワルツマン 全仏OP予選へ (22時48分)

日本勢7名出場!全仏OP予選組合せ決定 (21時45分)

ダニエル太郎 予選勝ち抜き本戦へ (19時54分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 予選決勝 (19時10分)

17歳の西村佳世が大東建託OP優勝 (18時07分)

2度目Vかマスターズ初制覇か (16時31分)

失セット0で決勝へ 6度目V王手 (15時28分)

初級~女子ダブルス大会開催、焼き芋貰える! (13時59分)

試合が多くできる!混合ダブルス大会  (13時48分)

全仏OP3連覇へ レジェンドお墨付き (11時48分)

綿貫陽介が全仏OP欠場 (10時10分)

まさかのミスに審判も爆笑 (8時42分)

2大会連続準V「何度負けても…」 (7時15分)

頂上決戦制しV 史上3人目の快挙も達成 (6時00分)

5月18日

世界2位シナー 全仏OPへ練習再開 (22時49分)

阿部宏美/永田杏里ペアが優勝 (22時05分)

ナダル&フェデラーを広告に起用 (20時04分)

ダニエル太郎 完勝で予選決勝へ (19時11分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 リヨン予選1回戦 (17時30分)

松井/上杉ペア 2大会連続の準優勝 (17時10分)

ジョコvsマレー 実現の可能性 (16時32分)

ベッカーに並ぶ歴代7番目の記録 (15時32分)

チチパス兄弟、全仏ダブルスに出場 (15時02分)

ティーム&シュワルツマン 全仏会場で練習 (12時06分)

ジョコ 全仏OP前週の大会参戦 (11時05分)

西岡 リヨン初戦はモンフィスに (9時20分)

“ダークホース”ジャリーが決勝へ (8時02分)

逆転勝ちズベレフが決勝へ (6時57分)

錦織圭 全仏OP前週の大会を欠場 (6時05分)

【動画】強い!女王シフィオンテク 3度目の優勝に大はしゃぎ! (0時00分)

5月17日

ナブラチロワとエバートの記録に並ぶ (22時58分)

17歳の西村佳世が4強入り (21時00分)

松井/上杉ペア 2大会連続決勝へ (18時09分)

シュワルツマン不満、活躍に見合わず (16時57分)

収入ランク、テニス選手はトップ50入らず (15時54分)

西岡良仁ら 能登半島地震の支援に参加 (15時25分)

26歳の躍進 カギは「ウナギ」にあり (14時58分)

ワウリンカとマレーは2回戦で敗退 (14時01分)

「WTA1000」 2大会連続同カードの決勝に (12時01分)

ローマ4強 ズベレフがV候補筆頭に (11時12分)

マレー、ラケット変更理由明かす (10時08分)

ガウフに快勝、女王が今季4勝目に王手 (8時40分)

マスターズ1000で2名のチリ人が4強の快挙 (7時32分)

ダニエル太郎 元世界9位に屈し8強逃す (3時14分)

西岡良仁 1回戦で途中棄権 (2時55分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsナカシマ (1時08分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsバウティスタ=アグ (0時40分)

トップ10に連勝!激闘制し4強入り (0時09分)

【動画】まさかのミスに審判も味方も爆笑 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!