国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【2022引退選手①】元世界5位ツォンガ

ジョー・ウィルフリード・ツォンガ
現役ラストマッチでのツォンガ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子プロテニス協会のATP公式サイトは22日、今シーズンで現役を引退した選手を掲載。tennis365.netは来シーズン開始まで、今季引退を表明した選手を特集する。1人目は今年5月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)をもって一線を退いた元世界ランク5位のJW・ツォンガ(フランス)をピックアップ。

18年間にわたるプロ生活に終止符を打ち、全仏オープンで現役を引退した37歳のツォンガ。身長188cm、体重93kg(ともにATP公式サイトに掲載)の体から放たれるサービスと力強いフォアハンドを武器に白星を重ねたツォンガはシングルスキャリア通算で467勝を記録。

計18度のツアー制覇を経験し、2009年には楽天ジャパン・オープン・テニス(東京/有明、ハード)で優勝した。四大大会のタイトル獲得はないものの、「ATPマスターズ1000」では2008年のロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)と2014年のロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)でトロフィーを掲げている。

近年は負傷により出場大会が少なかったが、キャリア全盛期には約10年にわたり世界ランクトップ20をキープ。R・フェデラー(スイス)R・ナダル(スペイン)N・ジョコビッチ(セルビア)の3選手がそれぞれ世界ランク1位のときに撃破した3選手のうちの1人で(残り2名はA・マレー(イギリス)J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン))、多くのファンを魅了してきた。

ATP公式サイトにはツォンガが引退する際のコメントが掲載されている。

「僕はいつも、子どもたちや他の人たちにインスピレーションを与えることが自分の目標の1つだと言ってきた。キャリアの中でそれができたと思うよ。僕自身、他のスポーツマンからインスピレーションを受けてきたし、自分がどう感じるかもわかる。誰かのファンであったり、誰かを尊敬しているときの気持ちもわかるんだ」

2004年、19歳のときにプロへと転向したツォンガ。ジュニア世界ランク2位として、前年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)ジュニアを制した有望株は、2004年のチャイナ・オープン(中国/北京、ハード)で当時世界ランク6位だったC・モヤ(スペイン)を6-3, 6-3のストレートで破り一躍名を広めた。

その後3年間は目立った活躍が無かったものの、2008年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)でマレー、R・ガスケ(フランス)M・ユーズニー、ナダルらを下し決勝に進出。最後はジョコビッチに屈したが四大大会初の準優勝を経験し世界トップ選手の仲間入りを果たした。

今年、全仏オープンでC・ルード(ノルウェー)に敗れ現役を退いたツォンガは、若い選手と対戦する際のネット越しでの会話を披露している。

「25歳以下の若い選手のほとんどは、僕と対戦するとネットで『僕は大ファンだったんだ!』と言ってくれるんだ。彼らにコテンパンに打ちのめされても、試合後『大ファンだったんだ』と言ってくれる。これはいいことだよ(笑)。獲得してきたトロフィーの中には、コート上で何が起こったのか、すべて覚えていないものもあるんだ。でも、彼らにインスピレーションを与えられたこと、それを彼らに直接コートで伝えられたら、いつまでも覚えているよ」

ツォンガは現在、ジュニアテニスの普及活動などをしながら家族との時間を第一に生活している。

[PR]第58回島津全日本室内テニス選手権大会の決勝戦をライブ配信!

・女子
シングルス 12/25(日)10時~
ダブルス 12/25(日)12時~


■ライブ配信の詳細はこちら




■関連ニュース

・ツォンガ 現役生活に幕下ろす
・「圭が良すぎた」とツォンガ
・ツォンガ「難しい時期だった」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年12月22日15時44分)

その他のニュース

6月2日

西岡良仁「やりにくかった」 (1時22分)

6月1日

西岡良仁 全仏OP初の3回戦へ (23時15分)

【1ポイント速報】西岡vsパーセル (19時45分)

2度バウンド 判定覆らず物議 (19時10分)

ワウリンカ 来年「いるつもり」 (18時19分)

会見で緊迫「独裁者を支持してる」 (11時51分)

ジョコらとアルカラスの違いに言及 (11時04分)

ダニエル撃破「完璧な試合」 (9時59分)

死闘翌日に棄権「危険な状態」 (8時54分)

ダニエル脱帽「プレッシャー強い」 (7時21分)

ジョコ 19年連続全仏OP3回戦へ (6時26分)

ワウリンカ 4時間半超死闘の末敗退 (5時10分)

ダニエル太郎 世界1位に善戦も敗退 (1時57分)

5月31日

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsアルカラス (23時20分)

チチパス「もし逆の立場だったら…」 (23時18分)

ジョコの政治的発言に「自由」 (22時58分)

大金星の穂積絵莉「涙出た」 (22時17分)

穂積絵莉ペアが女王撃破の大金星 (20時34分)

西岡良仁ペア 全仏OP棄権 (20時33分)

42歳ヴィーナス5ヵ月ぶり復帰 (19時19分)

昨年8強ルーネ 2年連続初戦突破 (18時56分)

ガスケ引退示唆、現役4位の勝利数 (18時17分)

死闘モンフィス「最後は痙攣」 (11時57分)

「家から100mに着弾」と告白 (10時49分)

メド「本当にがっかり」初戦敗退 (9時56分)

西岡 全仏OP2回戦は世界68位 (8時29分)

5時間越死闘制し全仏OP初白星 (7時38分)

16歳 圧巻デビュー、マレーもエール (6時37分)

昨年準Vルード 6年連続初戦突破 (6時08分)

世界172位が2位破る大金星 (5時14分)

世界2位メド 予選勝者に敗退の波乱 (1時31分)

ズベレフ 6年連続の初戦突破 (0時07分)

5月30日

西岡「逆転できるか不安だった」 (23時51分)

【1ポイント速報】ズベレフvsハリス (21時45分)

西岡良仁、大逆転で全仏OP初戦突破 (21時44分)

【1ポイント速報】西岡vsウルフ (20時10分)

ジョコ GSデビューは「20年前」 (13時04分)

「相手関係なく圧倒したい」 (12時09分)

握手拒否問題「くだらないこと」 (10時57分)

日比野「めちゃくちゃ悔しい」 (10時01分)

アルカラス「太郎は絶好調」 (8時19分)

握手拒否断言「どの大会でも」 (7時21分)

38歳ワウリンカ4時間半死闘制す (6時29分)

オジェ 全仏敗退「眠れなかった」 (5時30分)

日比野菜緒 全仏OP初戦敗退 (5時00分)

ダニエル「手応えある試合」 (0時30分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!