国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル「あまり気にしない」

ラファエルナダル
GS21度目優勝のラファエル・ナダル
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は30日、男子シングルス決勝が行われ、第6シードのR・ナダル(スペイン)が第2シードのD・メドベージェフを2-6,6-7 (5-7),6-4,6-4,7-5の逆転で破り、2009年以来13年ぶり2度目の優勝を果たすと同時に男子史上最多となる21度目のグランドスラム制覇を成し遂げた。記録更新についてナダルは、「自分が史上最高かどうかは、あまり気にしていない」と語った。

>>全豪OP 男女シングルス組合せ・結果<<

>>YouTube 大学選手のラケットバッグの中身は?法政女子全部員一言コメント<<

ナダルは第1セット、第4ゲームから5ゲーム連取されて落とす。第2セットでは先にブレークに成功し、ゲームカウント5-3とリードするもタイブレークに持ち込まれ、セットカウント0-2と崖っぷちに立たされる。

第3セットに入ってナダルの反撃が始まると、メドベージェフのミスも重なり、ナダルは2セットを連取してファイナルセットに突入。

迎えたファイナルセット、互いにサービスゲームのキープが続くなか、第5ゲームでフォアハンドのダウンザラインを放ち先にブレーク。その後も幾度となくピンチを迎えるとサービング・フォー・ザ・チャンピオンシップとなった第10ゲームでブレークバックを許す。それでも集中力を切らさなかったナダルが第11ゲームでブレーク。そのリードを守り切り、今大会最長となる5時間24分の死闘を制した。

ナダルは試合後の会見で、史上最多のグランドスラムタイトルを獲得し、自身を史上最高の選手と思うか問われると、「自分が1番かどうか、自分が史上最高かとうかは、あまり気にしていない」と語った。

「もちろん、このタイミングで再びグランドスラムを達成できたことは、僕にとって素晴らしいことだよ。僕にとって、とても重要なことなんだ。もちろん、”21”という数字が特別なものであることは知っている。その意味は分かるけど、このタイトルに大きな意味があるのだろうか」

「今日が忘れられない日になることを願っている。多くの人が戦い、多くの人がそれに値すると思うので、僕は決して自分が(史上最高の選手に)ふさわしいとは言わない」

「でも僕はとてもポジティブな精神を持っていると思う。この6ヵ月間、コートに戻るために本当によく闘ってきた。とてもとてもタフな時間で、本当にツアーに復帰できるチャンスがあるかどうか分からなかったから」

「でも、光栄に思っている。自分のテニスキャリアにおいて、また新たに特別なことを成し遂げられたことを幸運に思っているよ。自分が1番かそうでないか、あるいは史上最高かそうでないかは、正直なところあまり気にしていない」

「今日のような夜を楽しむこと、それが僕にとってのすべてだ。2度目の全豪オープン優勝には、他のどんなことよりも意味があるんだ」

これまで男子のグランドスラムタイトルの獲得数では、ナダルとN・ジョコビッチ(セルビア)R・フェデラー(スイス)の3人が20勝で並んでいたが、同大会の優勝により、ナダルが単独1位となった。
ナダルはこれまで全豪オープンで2度、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で13度、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で2度、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で4度の優勝を飾っている。

[PR]全豪オープンテニス 2022
見逃せないあのプレーをもう一度!
WOWOWオンデマンドで全試合アーカイブ配信中

■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ナダル 史上最多21度目GS制覇
・ナダル「戦術うまくいった」
・メド「ラファは偉大な選手」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年1月31日9時54分)

その他のニュース

4月16日

「引退は退屈だった」復帰表明 (15時00分)

ドミニカ出身の23歳がツアー初白星「特別」 (14時31分)

島袋将、快勝で光州CH初戦突破 (12時33分)

【告知】西岡vsムナル (11時35分)

【1ポイント速報】島袋将 CH1回戦 (11時02分)

【告知】ダニエル太郎vsオコネル (10時20分)

負傷続くアルカラス「できる限りのことを」 (9時01分)

ナダル「最後の年として、1秒1秒を楽しみたい」 (7時32分)

4月15日

シャラポワ「記憶に残る試合は敗戦」 (18時58分)

チチパスVで世界6位以下が混戦に (18時01分)

37歳ガスケがツアー1000試合目へ (17時05分)

マッケンロー以来 34年ぶり快挙 (16時02分)

前週Vの内山靖崇 74上げ167位に (14時59分)

大坂なおみ 1つ上げ192位 (14時01分)

チチパス父「息子の力疑ったことない」 (10時46分)

準Vルード「追いかけ続ける」 (9時57分)

チチパスV「信じられない」トップ10復帰へ (8時39分)

ダニエル太郎 初戦は世界62位と対戦 (7時04分)

チチパス 2年ぶり3度目の優勝 (0時04分)

【1ポイント速報】ルードvsチチパス (0時00分)

4月14日

錦織圭 マドリッドOP欠場 (22時15分)

アルカラス 負傷で2週連続欠場 (20時49分)

ナダル「人生の一部を過ごした場所」 (19時48分)

内山 5年ぶりV「更に上を目指す」 (19時03分)

単敗退ズベレフ 5年ぶり複V王手 (18時03分)

誤審が影響「全く違う結果になった」 (16時28分)

【初中~中級】男子ダブルス大会開催 (15時44分)

幻の焼き芋 貰える!混合ダブルス大会開催 (15時25分)

内山靖崇 4年半ぶり6度目の優勝 (14時55分)

【1ポイント速報】内山靖崇 2年7ヵ月ぶり決勝戦 (12時34分)

ジョコ撃破 6度目の対戦で初 (12時10分)

シナー敗退、重要場面で誤審の不運 (10時43分)

大坂なおみ 2年ぶりクレー 相手決定 (9時11分)

ジョコ 準決勝で敗退「がっかり」 (7時18分)

4月13日

内山靖崇 2年半ぶりCH決勝へ (22時25分)

大坂なおみら全選手がBJK杯振り返る (20時56分)

杉山愛監督「世界一は夢じゃない」 (20時32分)

大坂なおみ パリ五輪出場に意欲 (19時36分)

日本 11月開催BJKファイナルズ出場決定 (19時09分)

青山/柴原ペアは敗北、日本3勝1敗で予選突破 (17時58分)

「大坂はGSを1つ、2つ獲れる」 (17時40分)

【1ポイント速報】BJK杯「日本vsカザフスタン」2日目 (16時54分)

日比野「自然に涙が出ました」 (16時49分)

日比野 激闘制し3連勝、ファイナル進出決定 (15時21分)

チチパス 失セット0で4強へ (12時09分)

ティアフォー 4ヵ月でコーチと別れ (11時09分)

熱戦制したシナー、ルーネ撃破で4強 (9時28分)

ジョコ 不調乗り越え9年ぶり4強 (8時37分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!