国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

クヴィトバ 若手台頭に「挑戦」

ペトラ・クヴィトバ
準決勝で敗れたクヴィトバ
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は8日、女子シングルス準決勝が行われ、第7シードのP・クヴィトバ(チェコ)が第4シードのS・ケニン(アメリカ)に4-6, 5-7のストレートで敗れ、初の決勝進出とはならなかった。

>>シュワルツマンvsナダル<<

>>ジョコビッチvsチチパス<<

2011・2014年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)を制しているクヴィトバはこの日、今年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)女王のケニン相手に2度のブレークに成功。しかし、強風の影響を受け満足のいくテニスが披露できずにいると合計4度のブレークを許し、1時間45分で力尽きた。

試合後の会見でクヴィトバは「とても風が強かった。異常と言ってもいいくらいに。条件があまり良くなくて、正直言ってとても厳しかった。でも、とにかくソフィア(ケニン)が良いプレーをしていたと思う。それでも試合に臨んでチャンスを伺っていて、小さな小さなチャンスを待っていたけど、それすらも彼女が持っていってしまった。彼女は非常によく動けていた。それが1番のキーだった」と話した。

また、決勝戦は21歳のケニンと19歳のI・シフィオンテク(ポーランド)に決定。10代や20歳代前半の若手選手が活躍する今大会についてクヴィトバは「もちろん準備はできている。彼らに挑戦しているよ。私は彼らに自由な場所を与えたくない。彼ら、というより誰にも自由にさせたくないくらいだけどね。私のキャリアを終わらせないために戦い続ける」と思いを語った。

最後に、新型コロナウイルス感染拡大の影響で今年はツアーが一時中断し、30歳のクヴィトバにとって今後どのようなスケジュールで試合に出場していくか重要なシーズンとなることを記者に問われると「予測するのは難しい。来年どうなるかはもちろんだけど、今年もまだエントリーはしている。何が起きるか様子を見たいけど、すぐにわかるはず」と述べた。

[PR]「全仏オープンテニス」
9月27日(日)〜10月11日(日)WOWOWで連日生中継!

「男子テニスATPツアー500 サンクトペテルブルク」
10月12日(月)〜10月18日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!


■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・恋人の席移動「嫌だった」
・「クレー嫌いだった」から8強
・試合中に食事「炭水化物」

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年10月9日15時16分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!