国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

西岡良仁 元王者マレーに惜敗

西岡良仁
初戦敗退となった西岡良仁
画像提供: ゲッティ イメージズ
テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は1日、男子シングルス1回戦が行われ、世界ランク49位の西岡良仁は元世界ランク1位で2012年の同大会覇者であるA・マレー(イギリス)に6-4, 6-4, 6-7 (5-7), 6-7 (4-7), 4-6の逆転で敗れ、惜しくも2年連続3度目の初戦突破とはならなかった。

>>大坂vsジョルジ 1ポイント速報<<

>>西岡ら全米オープン対戦表<<

この日、西岡は四大大会3勝を誇るマレーと序盤から激しい打ち合いを披露。第7ゲームではミスを誘い出してマレーのサービスゲームを破ると、第1セットを先取。

第2セットに入っても好調の西岡はゲームカウント4−0とリード。第6ゲームはブレークバックを許したが、その後もネットに出るマレーに対してパッシングショットを決めるなどでセットカウント2−0と勝利へ王手をかける。

第3セット、西岡は第1ゲームでブレークする好スタートを切ったが、第6ゲームでは最後ダブルフォルトを犯してゲームカウント3−3に追いつかれると、タイブレークの末にセットカウント2−1とする。

第4セットは西岡が第12ゲームでマッチポイントを握るも、マレーの強烈なサービスに押されてチャンスを逃すと、セットカウント2−2に追いつかれる。

ファイナルセットも両者一進一退の攻防を繰り広げる中、西岡は2度のブレークを許し、4時間30分を超える死闘の末に力尽きた。

24歳の西岡は、2018年の深セン・オープン(中国/深セン、ハード、ATP250)でツアー初優勝。今年は2月のデルレイビーチ・オープン(アメリカ/デルレイビーチ、ハード、ATP250)で準優勝を飾った。

一方、勝利したマレーは2回戦で、第15シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)と世界ランク83位のT・モンテイロ(ブラジル)の勝者と対戦する。

その他の日本勢では、世界ランク88位の杉田祐一は同42位のU・アンベール(フランス)、同112位のダニエル太郎は同93位のG・ バレール(フランス)、同119位の添田豪は第6シードのM・ベレッティーニ(イタリア)と1回戦で顔を合わせる。

世界ランク86位の内山靖崇は第20シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)にフルセットで敗れ、初戦敗退となった。

[PR]「全米オープンテニス」
晩夏のニューヨークで行なわれるグランドスラムが開催決定!トッププレーヤーが繰り広げる激戦の模様をWOWOWでは連日独占生中継でお届け。栄冠を手にするのは果たして!

【放送予定】
8月31日(月)〜9月14日(月)WOWOWにて連日独占生中継


■詳細はこちら>


■関連ニュース

・西岡「不愉快な試合でした」
・西岡、錦織「超強かった」
・錦織 圭、大坂 なおみに同情

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年9月2日7時48分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!