国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

シャラポワ 引退後も「毎日勉強」

アメリカの経済紙ウォール・ストリート・ジャーナルは12日、元女子世界ランク1位のM・シャラポワ(ロシア)をゲストに迎え「The WSJ Future of Everything Festival」を開催した。

【ダニエル 太郎】前編、ジョコビッチやナダルらに挑むときの考え方とは

>>YouTube テニス365チャンネル<<

「The WSJ Future of Everything Festival」は毎春に開催されていたが、今年は新型コロナウイルスの影響のためオンライン上で全て無料で開放されている。

今年、現役を引退したシャラポワは12日、ウォール・ストリート・ジャーナルのスポーツコラムニストであるジェイソン・ゲイ氏と対談した。

今年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)後に引退の決断を下したシャラポワは「振り返ってみると素晴らしいタイミングだった。私が昔のままここに座っていたら『いつトレーニングするか?』『何のためにトレーニングするか?』とかスポーツ全般の疑問に終始ししてしまう」と話した。

「この28年間を思い出すと、私が何かを見出し、そして未来の基礎となるものを形成する機会を得られたのは本当に素晴らしいこと。最初のプロ大会を戦うまで10年ほどかかっているので、これから次に何を行うか選択するのは時間がかかるかもしれない。今は自宅時間でその構築を行っている」

「常に大きな心構えでいたい。私が育ってきた過程で大きな損失があったとき、父は『これは短距離走ではない、マラソンだ』と言うでしょう。私の人生とスケジュールがどのようになるか、なんとなく分かってはいたけど、このような軌道になるとは予測していなかった」

また、スポーツブランドのナイキとのパートナーシップについて問われたシャラポワは「(ナイキとの)関係構築は私がこの旅で得た最も素晴らしい資産の1つ。このような関係は非常に貴重で重要なもの。私は成長し、学び、MBA(経営学修士)を取得した。このような挑戦が大好き。スポーツにも多くの要素があるけれど、ビジネスの世界に入ってもまだ毎日勉強している」と語った。

最後には引退を決断したときのことについて述べている。

「私がコートを離れたのは、これ以上メンタルとフィジカルの努力ができないと分かったとき。できる限り肉体的な動きと強さを与えた後は他のことについて学びたいと好奇心が旺盛だった。どこへ行くのか分からなかったし、他にかける情熱がどのようなものになるかは正確に分からなかったけど、再びコートに戻ったとき少し新鮮な気分になれた。それは私の中で重要だった」

「試合について見て、聞いて、24時間過ごしていたらプレッシャーはかかるけど、他に興味や関心を持てていたから私は良かったのだと思う」

[PR]「日本テニス史上最強の2人 錦織圭大坂なおみ
これまで放送してきたテニスのグランドスラム大会の名勝負を厳選しお届けする。男女シングルスの準決勝、決勝を中心に、錦織圭、大坂なおみはじめ日本人選手が奮闘するカードなど、今なお色あせない好試合ばかり。

【放送日】
5/3(日・祝)〜5/21(木)


■詳細・放送スケジュールはこちら>


■関連ニュース

・「シャラポワは選手と話さない」
・シャラポワ 処分決定の裏側
・シャラポワが現役引退へ

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年5月13日12時08分)

その他のニュース

10月31日

ダニエル太郎 9カ月ぶり決勝へ (16時36分)

ジョコ 最終戦へ「最善の準備」 (15時37分)

メドヴェデフ撃破で4強入り (15時00分)

約3時間の死闘制し4強 (14時17分)

元世界17位が引退を発表 (13時19分)

ジョコ撃破の大金星「最高」 (12時01分)

ルブレフ 昨年覇者ティーム撃破 (11時37分)

ジョコビッチ LLに完敗の波乱 (10時37分)

10月30日

全日本選手権 男女4強出揃う (16時18分)

第1シードのペール撃破で8強 (12時19分)

メドヴェデフ8強「うれしい」 (11時51分)

ロックダウンでパリは無観客 (10時54分)

ズベレフが父親に DVは否定 (7時55分)

ディミトロフ、チチパス撃破 (7時06分)

10月29日

杉田祐一 完敗で8強ならず (18時35分)

【1ポイント速報】杉田vsマナリノ (18時31分)

元王者ヒューイットが殿堂入りへ (16時58分)

14本エースでアンダーソン8強 (14時30分)

ベルダスコ 今季終了を発表 (13時40分)

ダニエル太郎 熱戦制し8強入り (12時04分)

チチパス 苦戦も逆転で勝利 (12時04分)

ジョコ8強 4本のSPしのぐ (7時44分)

錦織、今季終了を発表 (0時28分)

10月28日

約9カ月ぶりに大会8強入り (22時49分)

日比野 全日本選手権で初戦突破 (20時50分)

第2シードに快勝で8強入り (19時04分)

ジョコ「子どもは夢持つべき」 (19時03分)

ハチャノフ/ルブレフが勝利 (17時37分)

ワウリンカ 熱戦も初戦敗退 (15時00分)

ハチャノフ撃破で初戦を突破 (12時51分)

シード破り2回戦へ「タフ」 (12時05分)

今季終了と全豪OP欠場を発表 (10時53分)

「圭との戦いに準備していた」 (8時51分)

ジョコ 同胞に苦戦も初戦突破 (8時04分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!