- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

チチパス「自分を疑っていた」

ステファノス・チチパス
チャイナ・オープンのチチパス
画像提供: ゲッティ イメージズ
男子テニスのスイス・インドア・バーゼル(スイス/バーゼル、室内ハード、ATP500)は24日、シングルス2回戦が行われ、第3シードのS・チチパス(ギリシャ)が世界ランク70位のR・ベランキス(リトアニア)を6-7 (4-7), 6-2, 6-4の逆転で破り、ベスト8進出を果たした。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはチチパスのコメントが掲載されている。

この日、予選勝者のベランキスを2時間1分で振り切ったチチパスは「第1セットのタイブレークはリズムを失った感じだった。恐らくリターンが原因で、ずっと自分自身を疑ってプレーをしていた。精神的な強さを持ってプレーできていなかった」と振り返った。

「なんとか冷静さを維持することができて、第2セットは完璧だったと思う。彼(ベランキス)から2度のブレークができた。序盤でブレークし、それからは何とかずっとサービスをキープすることができた」

チチパスは準々決勝で世界ランク46位のF・クライノビッチ(セルビア)と顔を合わせる。クライノビッチは2回戦で第5シードのF・フォニーニ(イタリア)をストレートで下しての勝ち上がり。

11月に行われるNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)への出場が確定しているチチパスは「ここまでの数日間でいくつかのことを試してきた。試合中にある程度プレーが落ちることはあるかもしれないと思っていた。最終的にそれが功を奏した。よりリスクを犯したし、より挑戦した。多くのミスをしたけど、ちょっとだけ普段より挑戦して彼(ベランキス)に示そうとした。僕はネットへ出て、より攻撃的になろうとしているということを」と語った。

同日の2回戦では第7シードのS・ワウリンカ(スイス)がベスト8へ進出したが、背中の負傷により第1シードのR・フェデラー(スイス)との準々決勝を棄権した。

また、第4シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)は8強入りするも、第6シードのD・ゴファン(ベルギー)は2回戦で敗退した。

「男子テニス国別対抗戦デビスカップ 決勝ラウンド」
母国の名誉と威信を懸けてしのぎを削る“テニスのワールドカップ”。新フォーマットで争われる世界最強国の称号を懸けた戦いを生中継でお届け!

【大会期間】
11月18日(月)〜25日(月)連日生中継

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・「こっち見ろ」とチチパスに怒り
・錦織 9年間のコーチ関係解消へ
・錦織 右ひじ手術で今季終了へ

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年10月25日10時48分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!