- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

引退バグダティス「後悔ない」

マルコス・バグダティス
マルコス・バグダティス
画像提供: ゲッティ イメージズ
テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は4日、男子シングルス2回戦が行われ、世界ランク135位のM・バグダティス(キプロス)は第17シードのM・ベレッティーニ(イタリア)に1-6, 6-7 (4-7), 3-6のストレートで敗れ、現役引退となった。

>>錦織vsジョンソン 1ポイント速報<<

>>錦織らウィンブルドン対戦表<<

今大会を最後に引退すると発表していたバグダティスは、今季2勝するなど好調のベレッティーニに1時間42分で敗れた。

試合後の会見では「コートは去りたくなかった。素晴らしい最後で、驚きだった。感謝したい。何と言ったらいいか。両親、コーチ、エージェント、友達、家族。みんなが、この2週間ずっと一緒にいてくてた。一緒にいてくれたことに感謝したい。泣いてしまうが、とてもハッピー。誰にとっても幸せな瞬間」と語った。

34歳のバグダティスは、2006年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)でノーシードから四大大会初の決勝進出を果たす快進撃を見せると、同年のウィンブルドンではベスト4へ進出。世界ランキングは8位へ上り詰めた。

これまでツアー4勝しているバグダティスは「後悔はない。実家を14歳で出て、パリで生活していた。それからずっと戦わなければいけなかった。テニスが与えてくれたことに感謝している」と振り返った。

「唯一後悔しいることがあるとすれば、オーストラリアでラケットを4本壊したこと。あれは自分ではなかった。自分はあんな人間ではない」

一方、勝利したベレッティーニは3回戦で第24シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)と対戦する。

「ウィンブルドンテニス」
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。錦織圭の試合も連日生中継!

【放送予定】
7月1日(月)〜14日(日)WOWOWにて連日生中継※7月7日(日)除く[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・引退フェレール「感動的な夜」
・ジョコ 引退発表は「驚いた」
・錦織に脱帽「信じられない」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年7月6日7時33分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!