- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

西岡良仁、死闘制し16強へ

男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は11日、シングルス3回戦が行われ、世界ランク74位の西岡良仁が同58位のF・オジェ アリアシムを6-7 (2-7), 6-4, 7-6 (7-5)の逆転で破り、2017年以来2年ぶり2度目のベスト16進出を果たした。

>>錦織vsホルカシュ 1ポイント速報<<

>>錦織らBNPパリバ対戦表<<

序盤から両者激しいラリー戦を展開し、23歳の西岡は第12ゲームで18歳のオジェ アリアシムに握られたセットポイントをしのぐ粘りを見せたが、タイブレークの末に第1セットを落とす。

第2セットはオジェ アリアシムからミスを誘い出して第5ゲームから4ゲームを連取。第9ゲームのサービング・フォー・ザ・セットは逃したが、第10ゲームで3度目のブレークに成功してセットカウント1−1に追いつく。

ファイナルセットはゲームカウント5−1からタイブレークへ持ち込まれたが、2時間55分の死闘を制した。

4回戦では、世界ランク130位のM・ケクマノビッチ(セルビア)と対戦する。ラッキールーザーで本戦入りした19歳のケクマノビッチは3回戦で第30シードのL・ディエレをストレートで下しての勝ち上がり。

同日の3回戦では第7シードのD・ティーム(オーストリア)、第18シードのG・モンフィス(フランス)、世界ランク89位のI・カルロビッチ(クロアチア)が16強入り。第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)は同55位のJ・シュトルフ(ドイツ)にストレートで敗れた。

「男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ」
WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定ライブ配信!
※大会1日目無料配信

【配信予定】3/3〜3/18

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・「錦織ではなく西岡」と冗談
・錦織に惜敗 主審へ激怒も謝罪
・錦織 大坂へエール「大丈夫」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年3月12日11時34分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!