- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

大坂の魅力は「考えないこと」

松岡修造
大坂なおみについて語った松岡氏
画像提供: tennis365.net
日本テニス協会強化副本部長でWOWOWテニス解説者の松岡修造氏が8月6日、都内某所にて27日に開幕する全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)に出場する女子世界ランク19位の大坂なおみについて語った。

>>大坂ら全米OP対戦表<<

>>錦織ら全米OP対戦表<<

今世界中から注目を集める20歳の大坂は、昨年末にこれまでS・ウィリアムズ(アメリカ)C・ウォズニアッキ(デンマーク)らを指導した経歴を持つサーシャをチームに招へい。

大坂の名を一躍世界へ轟かせたのは、今年3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、プレミア・マンダトリー)。M・シャラポワ(ロシア)Ka・プリスコバ(チェコ共和国)S・ハレプ(ルーマニア)らを破りツアー初優勝を果たすと同時に、プレミア・マンダトリーで史上初となる日本勢女子タイトル獲得の快挙を成し遂げた。

現在も世界ランク19位とトップ20入りしている大坂について、修造氏は「僕は大坂選手好きですよ。彼女の魅力は考えないこと。何をするか分からない。でも、考えてテニスをしすぎても彼女の良さがなくなってしまう。型にはまりすぎない丁度いいところで考えることができれば、さらに強くなるのではないでしょうかね。」

「先日、アメリカでなおみさんの取材をさせてもらったのですが、とにかくものすごくハードなトレーニングをしていましたね。でも楽しそうにやっているんですよ。それをやりながら、サーシャコーチと共にどんどん体力をつけていってるって感じがしましたね。」とコメント。

大坂の不安要素については「少し不安なのはフォアハンドですね。フォアハンドが良くなっていた。非常にコンパクトになっていて、ちゃんとコントロールしていた。良いことなんですけど、なぜ不安なのか。それは前ほど怖くないんですよ。ドカーンって入る怖さ、あれがないんです。」

「今までは一か八かのショットで当たればすごい、外れれば大きくアウト、そういうところが良くも悪くもありました。でも、コンパクトになってコントロールできるようになったことで、その威力が少し無くなったように僕は感じました。それがどういう方向に試合の中で出てくるのか。普通の選手だったらものすごく良いことなんですよ。」と分析した。





また、大坂を『ナオミ・キャンドル』と例えている修造氏は「彼女の心の炎が燃えている時、オンになっている時は相手が世界1位だろうが、攻撃的な選手だろうが、守りの選手だろうが、100%勝つ。どんな選手も太刀打ちできないです。でも、炎が消えてしまった時点で彼女はもう別人のようになってしまうんです。格下の選手にもあっさりと負けてしまう。とにかく心の炎を絶やすことなく戦い続けるかでしょうね。」と話した。

女子テニス界は近年、誰が優勝してもおかしくない混戦となっている。全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)はウォズニアッキ、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)はハレプ、ウィンブルドンテニス(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)ではA・ケルバー(ドイツ)がグランドスラム優勝を果たした。

「なおみさんが今回の全米オープンで優勝しても、全く驚かないでしょうね。女子も誰が勝つか分かりませんからね。でも、世界中の全米オープン解説者に優勝候補はだれかと聞いたら、誰もがなおみさんの名前を挙げてくるんじゃないですかね。彼女のプレースタイルと才能を考えたら、可能性は大きいですからね。」と語る。

全米オープンで大坂が優勝する確率については「心の炎が燃え続ければ100%、消えてしまったら0%。僕としてはもの凄く分かりやすいですかね。可能性が大きいだけに、なおみキャンドルが燃え続けてくれることを願っています。」と見解を述べた。

8月27日開幕の「全米オープンテニス」をWOWOWにて連日独占生中継!大会第1日(8月27日夜11:55〜、WOWOWプライム)、大会第5日ナイトセッション(9月1日午前7:30〜、WOWOWライブ)は無料放送!

【放送予定】
8月27日(月)〜9月10日(月)

■詳細・配信スケジュールはこちら>


■関連ニュース

・錦織 全米OP初戦を警戒
・錦織「30歳までに優勝したい」
・重圧を告白、大坂は全米へ

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年8月27日19時55分)

その他のニュース

6月17日

「今は続けたい」とマレー (19時08分)

錦織7位 17日付日本勢ランク (17時22分)

ガルシア 1日2試合を制し初V (16時24分)

「感謝」7度目挑戦で悲願の初V (14時54分)

添田豪 CH決勝進出ならず (13時46分)

大坂 1位キープで次戦へ (11時52分)

チリッチ 芝へ向けコーチ招へい (10時55分)

快勝で今季2度目V 「満足」 (10時07分)

錦織7位 6/17世界ランク (8時19分)

6月16日

チチパス 初戦は世界29位と (18時34分)

地元V狙い決勝へ「うれしい」 (17時31分)

日比野 ストレート負けで4強逃す (16時47分)

今季2度目Vへ「ベスト尽くす」 (15時29分)

添田豪、快勝でCH4強へ (14時01分)

マレー 復帰戦のドロー決定 (12時04分)

フェデラー 初戦は世界56位に (10時55分)

棄権ラオニッチ「申し訳ない」 (10時05分)

6月15日

大坂らバーミンガム組み合わせ (21時41分)

アンダーソンら芝前哨戦出場一覧 (18時30分)

サーフェス変更も逆転勝ち (18時08分)

内山靖崇「残念」CH4強ならず (17時39分)

チョリッチMPしのぎ逆転4強 (16時58分)

ベルテンス 2試合制し4強 (15時52分)

添田豪 11本エースでCH8強 (14時51分)

MPしのぎ4強入り 激闘制す (13時51分)

フェデラーら レーバー杯参戦 (12時02分)

快勝ラオニッチ「良かった」 (11時22分)

ガスケ 1日2試合制し4強へ (10時52分)

6月14日

錦織に続きティームもハレ欠場 (20時09分)

好調ガリン 今季4度目8強 (19時10分)

モンフィス 激闘の末に敗れる (18時01分)

ズべレフ撃破 復活の兆し (17時09分)

完勝「全てがうまくいった」 (15時00分)

ハチャノフ 完敗で初戦敗退 (13時35分)

ズべレフ 今季初の芝は黒星 (12時02分)

チチパス 風に苦戦で初戦敗退 (11時29分)

錦織 ハレ大会を欠場 (10時33分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!