- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

涙「ごめんなさい」 惜敗で準V

女子テニスのシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、インターナショナル)は5日、シングルス決勝が行われ、元世界ランク2位のS・クズネツォワ(ロシア)が第7シードのD・ヴェキッチ(クロアチア)を4-6, 7-6 (9-7), 6-2の逆転で下して今季初優勝、キャリア通算18勝目をあげた。

>>錦織らロジャーズ杯 対戦表<<

>>錦織vsハーセ 1ポイント速報<<

決勝戦、四大大会2勝を誇る33歳のクズネツォワは第1セットを落とし、第2セットではヴェキッチにマッチポイントを握られる。しかし、このピンチをしのぐと、ファイナルセットでは3度のブレークに成功。2時間31分の激闘に終止符を打った。

敗れたヴェキッチはキャリア3勝目が目前に迫ったが、一歩およばなかった。

女子テニス協会のWTAはツイッターに、表彰式で涙ながらにスピーチする準優勝のヴェキッチの動画を掲載している。

「スベトラーナ(クズネツォワ)おめでとう。最後のポイントまで戦い続けていた。あなたのチームにも祝福したい。これからも一緒に練習しましょう。そして一緒に上達しましょう」

「私のコーチ、今週一緒にいてくれてありがとう。優勝できなくてごめんなさい。またハードな練習を続け、今度は一緒に優勝しましょう。テニスは簡単なスポーツではない。マッチポイントを握っても負けてしまうこともあるし、マッチポイントを握られてから勝てる時もある。でも、このスポーツが大好き。決勝戦を戦って、タイトルを獲得したいと願っている。大会の主催者に感謝します。今週は雨もあり簡単ではなかったと思います。観客の方にも感謝。夜遅くまで観戦してくれてありがとうございます」

8月6日開幕の男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000「トロント」をWOWOWメンバーズオンデマンドにて全日程配信!大会第1日目は無料配信!

【配信予定】
8月6日(月)〜8月12日(日)

■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

ダニエル太郎 ジョコ撃破で驚き
・世界375位へ浮上のマレー
・錦織11位 30日最終戦ランク

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年8月6日11時59分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!