- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織と可能性あるキリオス勝利

ニック・キリオス
初戦突破を果たしたキリオス
画像提供: ゲッティ イメージズ
テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は3日、男子シングルス1回戦が行われ、第15シードのN・キリオス(オーストラリア)が世界ランク92位のD・イストミン(ウズベキスタン)を7-6 (7-3), 7-6 (7-4), 6-7 (5-7), 6-3で破り、初戦突破を果たした。

>>錦織vsトミック 1ポイント速報<<

>>錦織らウィンブルドン対戦表<<

>>大坂らウィンブルドン対戦表<<

この日、キリオスはイストミンに苦戦も試合を通して42本ものサービスエースを決めて2時間34分で接戦に終止符を打った。

試合後の会見では「去年はウィンブルドンでけがをし、精神的にも悪い状態だった。今年は芝でプレーして、たくさんの試合に勝っていた。今はハッピーな状態。いいプレーもできている。違うアプローチをしている。この大会で波乱を起こすであろう1人のような気がしている。どうなるかはやってみなければ分からない」とコメントした。

試合中に自身が放ったサービスがボールガールにあたってしまったことについては「音が聞こえた時は、スコアボードにあたったのかと思った。そして気付いた。彼女(ボールガール)の腕にあたったといことを。とても辛かった。彼女は泣き出してしまった。でも彼女はチャンピオンのように振る舞っていた、自分だったら確実に泣いていただろう」と、その時の心境を述べた。

試合中のメンタル面について、キリオスは「コートでは多くの感情がある。時には怒ったりもする。バランスを保つのは、とても難しい。言いたいことは分かる。全然気にしていない瞬間があり、次の瞬間にはとてもいいプレーをしている。正直、多くのことは考えていない。試合の駆け引きのようなもの」と自身の考えを明かした。

2回戦では、R・ハーセ(オランダ)と対戦する。キリオスはハーセに勝利すると、3回戦では第24シードの錦織圭B・トミック(オーストラリア)の勝者と顔を合わせる組み合わせ。

ウィンブルドンテニスをWOWOWにて連日生中継。
外出先でもオンデマンド配信で楽しめる!

【配信予定】
2018年7月2日(月)〜7月15日(日)

■詳細・放送スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・「杉田素晴らしい」とティーム
・錦織 サッカー柴崎から刺激
・錦織 フェデラーとナダル語る

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年7月4日16時00分)




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!