- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

現役引退「完璧な終わり方」

女子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、プレミア5)は14日、シングルス1回戦が行われ、主催者推薦で出場のR・ビンチ(イタリア)はラッキールーザーのA・クルニッツ(セルビア)に6-2, 0-6, 3-6の逆転で敗れた。

>>錦織vsディミトロフ 1ポイント速報<<

>>錦織らローマ対戦表<<

>>大坂vsハレプ 1ポイント速報<<

>>大坂らローマ対戦表<<

今大会を最後に引退を表明していたビンチは、試合後の会見で約20年に亘るテニス人生を振り返った。女子テニス協会のWTAが公式サイトで、その模様を掲載した。

「完璧な終わり方」と語るビンチは「簡単ではなかったけど、この日へ向けて集中していた。1週間前、カレンダーをとって9・8・7とカウントダウンしていた。いつもより練習もしていないのは分かっている。試合のスケジュールを見た時、ハッピーだった。試合を楽しもう、いい形で終えよう、全ての人々にさようならと言おうと思っていた」と試合へ向けての気持ちを語った。

35歳のビンチはプロテニス人生でシングルス世界ランクトップ10に入り、ダブルスでは1位へ上り詰めた。また、同胞のS・エラーニ(イタリア)とのペアでは4組目となる四大大会全てで優勝を飾った。

世界のトップで戦っていたビンチだったが、昨年はシーズンをトップ100圏外で終えると、2018年シーズンをもって現役生活にピリオドを打つ決断を下すと同時に、その最後の舞台をローマで終えようと決めていた。

「自分自身には『OK、リラックスしてあと3・4カ月プレーを続けて、全ての人々にさようならを言おう』と言っていた。これまでの数カ月で気持ちが変わることはなかった。ここには良い状態、良い体調で臨めるように努めた。これからリラックスできる」

ビンチのシングルスでの最大のハイライトは、2015年の9月だった。全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)にノーシードで臨んだビンチは次々と勝利をおさめると4強へ勝ち進んだ。そして、年間グランドスラム達成まであと2勝と迫っていた当時世界ランク1位のS・ウィリアムズ(アメリカ)を相手に見事な番狂わせを演じ、世界中を驚かせた。

「何度も何度も振り返った。素晴らしい思い出がたくさんある。何かコメントするのは難しいけど、あの勝利は信じられない勝利だったし、人生で最高の勝利だった。セリーナと共にメディアも観客も自分を覚えてくれている。信じられない1日だった」

決勝はF・ペネッタ(イタリア)とのイタリア人対決が実現した。ストレートで敗れ準優勝に終わったが、ビンチ、ペネッタに加えエラーニ、2010年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)を制したF・スキアボーネ(イタリア)、引退したばりのK・ナップ(イタリア)らイタリア女子テニスの黄金時代を築いた。それを示すように、国別対抗戦のフェドカップでは、2006・2009・2010・2013年に優勝した。

「そんな選手たちのグループの1人でいれたのは最高だった。みんな友人で、何度もフェドカップでは共に戦った。今はそれも変わってしまった。フラビア(ペネッタ)はもう引退しているし、今度は自分の番。フランチェスカ(スキアボーネ)ももうすぐか分からないけど、若手も育っている。そんな素晴らしい選手たちと戦えたのは誇りに感じている」

ビンチは現代のベースラインからのパワーテニスに対し、バックハンドでスライスを多用するプレースタイルだった。

「難しいテニスをしてた。古いスタイルなのは分かっていた。いつも万全な状態でいられるようにしていたし、たくさん走らなければならなかったし、1つ1つのショットをいつも考えながら打たなければならなかった」

「トップ10、グランドスラムでの戦い、そして自分自身を誇りに思う。もちろん、アップダウンもあった。それでも自分自身、自分のテニス人生には本当に誇りに思っている。常にベストを尽くしていたし、全てのことに対して満足している」

5月13日開幕の男子テニス BNLイタリア国際をWOWOWメンバーズオンデマンドにて全日程無料配信中。

【放送予定】
2018年5月13日(日)~5月20日(日)
■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・錦織の相手ロペス 誤審に怒り
・錦織破ったジョコ 凡ミスで騒然
・セリーナ敗退でチケット暴落

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年5月15日11時40分)

その他のニュース

5月22日

本玉真唯 マッチポイント7本凌ぎ初戦突破 (7時32分)

5月21日

ダニエル太郎 接戦の末に初戦敗退 (22時56分)

西岡良仁 圧勝で初戦突破 (22時41分)

【1ポイント速報】西岡良仁、ダニエル太郎1回戦 (21時00分)

第1シード虫賀心央ら初戦突破 (20時54分)

内山靖崇 激闘制し全仏予選2回戦へ (19時54分)

【1ポイント速報】内山靖崇 全仏オープン予選1回戦 (18時50分)

シュワルツマン 全仏OP予選2回戦へ (18時38分)

内島萌夏 快勝で全仏予選2回戦へ (18時05分)

足でボール扱うトリックショット (15時02分)

ズベレフ2位ジョコは14位 最終戦ランク (10時41分)

19歳でトップ100へ 中国史上最年少記録樹立 (9時00分)

ナダル 大歓声の中全仏センターコートで練習 (7時33分)

ティーム「もうあのレベルには戻れない」 (6時25分)

坂詰姫野 全仏OP予選敗退 (5時18分)

島袋将 全仏OP予選1回戦で敗退 (0時22分)

【1ポイント速報】全仏オープン予選1回戦 (0時00分)

5月20日

齋藤咲良、四大大会初挑戦で勝利 (23時42分)

ティーム 最後の全仏OP 予選2回戦進出 (21時10分)

大東建託OP 福井大会が開幕 (20時29分)

望月慎太郎 全仏OP初の予選2回戦へ (19時42分)

内島萌夏 世界ランク日本勢トップに (18時37分)

錦織圭 全仏OPへ向け世界11位と練習 (17時51分)

「完璧な1週間」2度目Vで全仏へ (17時07分)

ズベレフ 今世紀3人目の複数回V (16時40分)

強心臓みせ15年ぶり快挙V (15時36分)

賞金総額2万円!団体戦が開催 (14時22分)

伊ペアが母国でV「夢のよう」 (12時55分)

22勝目ズベレフ 世界4位へ浮上 (11時28分)

大坂なおみ 世界ランク134位に浮上 (10時35分)

初Vならず「もっといいプレーを」 (8時58分)

ズベレフ「いいプレーできれば、誰にでも勝てる」 (7時32分)

ダニエル太郎、初戦は世界54位に (6時26分)

ズベレフ完勝Vでマスターズ6勝目 (5時36分)

5月19日

ティーム&シュワルツマン 全仏OP予選へ (22時48分)

日本勢7名出場!全仏OP予選組合せ決定 (21時45分)

ダニエル太郎 予選勝ち抜き本戦へ (19時54分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 予選決勝 (19時10分)

17歳の西村佳世が大東建託OP優勝 (18時07分)

2度目Vかマスターズ初制覇か (16時31分)

失セット0で決勝へ 6度目V王手 (15時28分)

初級~女子ダブルス大会開催、焼き芋貰える! (13時59分)

試合が多くできる!混合ダブルス大会  (13時48分)

全仏OP3連覇へ レジェンドお墨付き (11時48分)

綿貫陽介が全仏OP欠場 (10時10分)

まさかのミスに審判も爆笑 (8時42分)

2大会連続準V「何度負けても…」 (7時15分)

頂上決戦制しV 史上3人目の快挙も達成 (6時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!