- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ダニエル太郎 初Vで「驚き」

男子テニスのTEB BNPパリバ・イスタンブール・オープン(トルコ/イスタンブール、レッドクレー、ATP250)は6日、シングルス決勝が行われ、世界ランク114位のダニエル太郎が同78位のM・ジャジーリ(チュニジア)を7-6 (7-4), 6-4のストレートで下してツアー初優勝を果たし、松岡修造錦織圭杉田祐一に次ぎ日本男子史上4人目の快挙を成し遂げた。

>>錦織vsジョコ 1ポイント速報<<

>>錦織らマドリッドOP対戦表<<

ダニエル太郎は同時期に開催されたミレニアム・エストリル・オープン(ポルトガル/エストリル、レッドクレー、ATP250)の予選に出場予定だったが、今大会に本戦入りしたことで急遽イスタンブールへ向かっていたことを、4月28日に自身のツイッターで明かしていた。

そして1・2回戦をストレート勝ちしたダニエル太郎だったが、R・デュトラ・シルバ(ブラジル)との準々決勝では崖っぷちを迎えた。ファイナルセットでゲームカウント0−4とリードを許すも、終盤6ゲーム連取の猛攻で逆転勝ち。準決勝では元世界ランク25位のJ・シャルディ(フランス)をフルセットで振り切り、決勝へ進出した。

迎えた決勝戦、ダニエル太郎はセットポイントをしのいでタイブレークの末に第1セットを先取。第2セットはリードから追いつかれるも、第5ゲームで2度目のブレークに成功。第10ゲームでは4本目のマッチポイントでバックハンドのウィナーを決め、2時間22分で悲願のタイトルを獲得した。

男子テニス協会のATPの公式サイトには、ダニエル太郎のコメントが掲載されている。

「本当に幸せ。今日は素晴らしい試合だったと思う。とても満足している。突然ATPで優勝したことに、かなり驚いている。試合前は、とても緊張していた」

日本人男子では、松岡が1992年の韓国オープン(韓国/ソウル、ハード)、錦織が2008年のデルレイビーチ・オープン(アメリカ/デルレイビーチ、ハード、ATP250)、杉田が2017年のアンタルヤ・オープン(トルコ/アンタルヤ、芝、ATP250)でツアー初優勝を飾っている。

一方、敗れた34歳のジャジーリはツアー初のタイトル獲得とはならなかった。今大会では第1シードのM・チリッチ(クロアチア)らを破り、決勝へ駒を進めていた。

「勝ちたかった。コートでは全てを出した。今日は僕の日ではなかった、ダニエルおめでとう。明日は練習に戻るよ」

同日にはダブルス決勝も行われ、第1シードのマクラクラン勉/ N・モンロー(アメリカ)組はD・イングロット(英国)/ R・リンドステッド(スウェーデン)組に6-3, 3-6, [8-10]の逆転で敗れ、惜しくも優勝とはならなかった。

5月6日開幕の男子テニス マドリード・オープンをWOWOWメンバーズオンデマンドにて全日程無料配信中。

【放送予定】
2018年5月6日(日)〜5月13日(日)
■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・ダニエル太郎 ジョコ撃破で驚き
・錦織15位 30日付最終戦ランク
・誤審に2度激怒 明らかにアウト

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年5月7日7時04分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!