- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 王者ナダルとの決勝へ

錦織圭
逆転勝ちで決勝進出の錦織
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は22日、シングルス準決勝が行われ、世界ランク36位の錦織圭が第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)を3-6, 6-3, 6-4の逆転で下して大会初の決勝進出を果たし、四大大会に次ぐグレードの「ATPマスターズ1000」初優勝に王手をかけた。決勝では第1シードのR・ナダル(スペイン)と対戦する。

>>錦織vsナダル 1ポイント速報<<

>>錦織らモンテカルロ対戦表<<

この試合、序盤から安定した試合運びを見せた錦織だったが、自身のミスで第7ゲームで先にブレークを許してしまうと、ここから4ゲーム連取されて第1セットを落とす。

続く第2セット、ドロップショットを決めるなどでポイントを先行した錦織が第1ゲームでブレークに成功。第4ゲームでブレークバックを許したが、第7ゲームで再びズベレフのサービスゲームを破ると、勢いそのままにこのセットを奪ってセットカウント1−1に追いつく。

迎えたファイナルセットは互いにサービスキープが続く接戦となったが、第10ゲームでブレークに成功した錦織が逆転勝ちをおさめた。

錦織が「ATPマスターズ1000」で決勝進出を果たすのは、2016年のロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)以来4度目。この時は当時世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)にストレートで敗れて準優勝に終わった。

決勝で対戦するナダルとは12度目の対戦で、錦織の2勝9敗。最後に対戦したのはリオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、 ハード)3位決定戦で、この時は錦織がフルセットで勝利した。

28歳の錦織は、今年1月に右手首のけがから復帰。2月のRBCテニスチャンピオンシップス・ オブ・ダラス(アメリカ/ダラス、ハード、ATPチャレンジャー)で復帰後初優勝を飾り、ツアー復帰戦のニューヨーク・オープン(アメリカ/ニューヨーク、室内ハード、ATP250)では4強入りした。

今大会は、1回戦で第12シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)、2回戦で世界ランク49位のD・メドヴェデフ(ロシア)、3回戦で同62位のA・セッピ(イタリア)、準々決勝で第2シードのM・チリッチ(クロアチア)を破って準決勝まで駒を進めていた。

一方、敗れた21歳のズベレフは、大会初・自身4度目の「ATPマスターズ1000」決勝進出とはならなかった。

また、錦織は23日に開幕するバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー 、ATP500)に第14シードで出場。初戦の2回戦で世界ランク43位の杉田祐一と同68位のG・ガルシア=ロペス(スペイン)の勝者と対戦することが決まった。

4月15日開幕の男子テニス モンテカルロ・マスターズをWOWOWメンバーズオンデマンドにて全日程無料配信中。

【配信予定】
2018年4月15日(日)〜4月22日(日)
■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・誤審に2度激怒 明らかにアウト
・錦織ら全仏2018リスト一覧
・錦織 ナダル戦「人生で一番」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年4月22日1時00分)

その他のニュース

10月23日

【速報中】錦織vsティアフォー (20時02分)

ワウリンカ棄権、今季終了へ (18時03分)

MP握られる崖っぷちから勝利 (16時46分)

メルツァー 2年ぶり本戦勝利 (15時57分)

チリッチ勝利 ワウリンカ棄権 (13時49分)

大坂 敗戦も「何も後悔ない」 (11時21分)

錦織 最終戦10位 イズナー9位 (11時00分)

10月22日

大坂 初戦黒星、終盤失速 (23時07分)

【1ポイント速報】大坂vsスティーブンス (20時32分)

錦織11位 日本勢世界ランク (17時34分)

カチャノフ快勝、地元で初V (12時42分)

ダニエル太郎 接戦制し本戦へ (12時01分)

錦織11位 22日付世界ランク (10時48分)

初V エドモンド「幸せ」 (10時02分)

20歳チチパス 悲願の初V (8時29分)

10月21日

斎藤恵佑 スーパーJr優勝 (23時18分)

錦織 最終戦かけウィーン出場 (18時59分)

死闘制したカサキナ2勝目 (17時21分)

錦織と最終戦争うイズナー敗退 (16時17分)

同い年の同胞対決制し決勝へ (15時50分)

チチパス「価値ある勝利」 (15時12分)

「ラッキー」モンフィス決勝へ (14時10分)

大坂らファイナルズ初戦日程 (13時20分)

上杉海斗 Jrクリニック開催 (13時09分)

土居/日比野組、快勝で複V (11時01分)

イズナー撃破「気分良い」 (10時35分)

10月20日

斎藤恵佑 第1シード破り決勝へ (23時44分)

錦織らウィーン組み合わせ発表 (20時15分)

大坂ら最終戦 賞金などの概要 (19時44分)

MPしのいだガスケ 辛勝で4強 (15時07分)

最終セットはタイブレークへ (13時11分)

最終戦争うイズナー4強へ (12時11分)

大坂、日本人初MVPならず (11時21分)

斎藤恵佑 スーパーJr4強へ (0時35分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!