- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織4強「タフな試合」制す

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は20日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク36位の錦織圭が第2シードのM・チリッチ(クロアチア)を6-4, 6-7 (1-7), 6-3のフルセットで下し、2016年7月のロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)以来 約1年9カ月ぶりの「ATPマスターズ1000」ベスト4進出を果たした。

>>錦織vsズベレフ 1ポイント速報<<

>>ナダルvsディミトロフ 1ポイント速報<<

>>錦織らモンテカルロ対戦表<<

この日、好調のバックハンドを軸にポイントを重ねた錦織は1ブレークを守って第1セットを先取。錦織のサービング・フォー・ザ・マッチで迎えた第2セットの第10ゲームでは3本のマッチポイントを握ったが、驚異的な粘りを見せるチリッチにブレークを許すと、最後はタイブレークを落としてセットカウント1−1に追いつかれる。

迎えたファイナルセット、ダブルフォルトなどミスが先行したチリッチの一瞬の隙をついた錦織が第8ゲームで先にブレークに成功。直後の第9ゲームで危なげなくサービスをキープし、2時間55分の激闘に終止符を打った。

試合後に自身の公式アプリ「KEI NISHIKORI」へ動画を投稿した錦織は「タフな試合でしたけど、徐々に調子も上がっているので、また明日も頑張りたいと思います」とコメントした。

準々決勝では第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)と顔を合わせる。両者は今回が2度目の対戦で、昨年のシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)準決勝では、錦織がストレートで敗れている。

これまで「ATPマスターズ1000」2大会でタイトルを獲得している20歳のズベレフは、今年2月のアビエルト・ メキシコ・テルセル(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)で4強入り。3月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)では、決勝でJ・イズナー(アメリカ)に敗れるも準優勝を飾った。

今大会は、初戦の2回戦で世界ランク38位のG・ミュラー(ルクセンブルグ)、3回戦で同61位のJ・シュトルフ(ドイツ)、準々決勝で同34位のR・ガスケ(フランス)を破って大会初のベスト4進出を果たした。

4月15日開幕の男子テニス モンテカルロ・マスターズをWOWOWメンバーズオンデマンドにて全日程無料配信中。

【配信予定】
2018年4月15日(日)〜4月22日(日)
■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・誤審に2度激怒 明らかにアウト
・錦織ら全仏2018リスト一覧
・錦織 ズベレフらの活躍に危機感

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年4月21日10時33分)

その他のニュース

8月22日

マレー 14年ぶりCH出場へ (20時38分)

ペール8強「本当にうれしい」 (16時02分)

ナダル 西岡ら全米会場で練習 (11時11分)

アニシモワ 父の急死で全米欠場 (11時02分)

錦織ら全米OPシード発表 (7時35分)

大坂ら全米OPシード順一覧 (7時18分)

内山靖崇 全米OP本戦へ王手 (7時02分)

清水綾乃 全米予選2回戦敗退 (6時22分)

8月21日

錦織 ジョコら楽天出場一覧 (20時15分)

ティアフォー相手棄権 3回戦へ (16時04分)

3カ月でコーチ契約解消へ (14時20分)

シャポバロフ「会心の勝利」 (14時16分)

ジョコら全米OP会場で練習 (11時57分)

ダニエル太郎ら予選1回戦敗退 (11時54分)

日比野 逆転で予選2回戦へ (11時51分)

元世界8位 今季限りで引退へ (11時45分)

松岡修造、全米OPを語る (10時54分)

ベルディヒ 復帰戦は2回戦敗退 (8時27分)

8月20日

チョン 全米OP予選2回戦へ (18時09分)

インカレ 単複決勝の結果一覧 (17時07分)

マレー 2週連続の初戦敗退 (16時29分)

フェデラーら全米会場で練習 (14時55分)

錦織 最終戦ランクは8位 (11時19分)

清水綾乃 全米OP予選2回戦へ (11時15分)

杉田ら全米OP予選2回戦へ (8時51分)

8月19日

インカレ 今村と山尾が決勝へ (21時56分)

インカレ 佐藤南帆が単複決勝へ (21時34分)

メドヴェデフ 初のトップ5へ (19時16分)

錦織7位 西岡は59位へ浮上 (16時45分)

西岡59位へ 自己最高目前 (15時21分)

テニス365とウインザーが提携 (15時13分)

キーズV トップ10返り咲き (14時46分)

大坂1位 全米は第1シード (13時29分)

メドヴェデフ「最高の1週間」 (12時01分)

錦織 世界ランク7位へ後退 (11時13分)

メドヴェデフ マスターズ初V (7時29分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!