- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

シャラポワ WCで12年ぶり出場

マリア・シャラポワ
全豪OP時のシャラポワ
画像提供: ゲッティ イメージズ
女子テニスのドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、WTA プレミア)は1月31日、世界ランク41位のM・シャラポワ(ロシア)がワイルドカード(主催者推薦枠)で12年ぶりに出場すると大会公式ツイッターで発表した。

>>錦織vsコプファー 1ポイント速報<<

>>錦織らダラスCH対戦表<<

今年のドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権は2月19日から3月3日に開催される予定で、昨年は世界ランク3位のE・スイトリナ(ウクライナ)が優勝。

元世界ランク1位のシャラポワにとって、今回は2006年以来12年ぶり2度目の出場。前回は準々決勝でM・ヒンギス(スイス)、準決勝でL・ダベンポート(アメリカ)を破ったが、決勝でJ・エナン(ベルギー)に敗れ準優勝に終わった。

5度の四大大会優勝を誇るシャラポワは、昨年4月にドーピング違反から1年3カ月ぶりに復帰。10月の天津オープン(中国/天津、ハード、インターナショナル)では復帰後初優勝を飾っていた。

2018年は深センオープン(中国/深セン、ハード、インターナショナル)で4強入り、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、 ハード、グランドスラム)では3回戦でA・ケルバー(ドイツ)に敗れた。

今年のドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権にはG・ムグルサ(スペイン)をはじめ、スイトリナ、Ka・プリスコバ(チェコ共和国)らトップ20の選手のうち12選手がエントリーしている。






■関連ニュース

・シャラポワにWC拒否の理由
・シャラポワ 元女王対決で完敗
・シャラポワ 処分決定の裏側

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年2月1日16時00分)




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!