- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

中大 2018年は王座V狙う

中央大学硬式庭球部
中央大学硬式庭球部
画像提供: 中央大学硬式庭球部
中央大学硬式庭球部は6日、監督の北澤竜一氏がtennis365.netの独占インタビューに応じ、2017年の振り返りと今季について語った。


北澤竜一氏


Q-2017年を振り返って
ここ数年は中央大学の環境でどうすれば結果が出せるかを考えていました。

特に昨年は限られたスタッフと現状の環境でいかに選手たちが伸びる状態を作るか、今の部員たちにはどんな接し方が結果を出しやすいかを考え実行しました。そのことによって、団体戦、個人戦ともに例年よりも比較的よい結果が出せた年になったと思います。

近年の部員たちはテニスが大好きで、感心するくらいよく練習をしています。その努力を無駄にしないためにも、フィジカルの強化が必須だと感じていました。さらに部員たちに合致する取り組み方法を模索しました。フィジカル強化の必要性を理解させ、そして雰囲気を大切にした楽しくトレーニングを行える環境を用意しました。これによって、如実に成果として表れたと感じています。

また、モチベーションを高めた状態を維持できるように、毎年行われる合宿を沖縄で開催しました。コストを抑えることや管理面で苦労はありましたが、気乗りのしない合宿から『自ら参加する自主性を重んじた合宿』への変化を感じることができました。

最終的には王座出場に一歩届きませんでしたが『来年こそ』という目標設定を明確にできるレベルまでは上がってきたと思っています。


Q-2018年の抱負
前述にもあるように王座優勝はもちろんのことですが、全体の底上げを図りたいです。

団体戦を戦っていても『選手だけが頑張る』というような雰囲気が2017年の敗因でした。そのためには中間層が結果を残し、チーム内でのレギュラー争いが活発化することによって一体感が生まれると思っています。


Q-課題と取り組み
本部会の特徴は『自主的運営自主的管理』をモットーに活動しています。

そのため、他大学に比べて自由な環境であるがゆえに自らで向上したいという想いを持つことが大切です。その反面、努力を怠ることが容易にできてしまう環境でもあります。そのような環境の中で『日本一を目指す』チームに所属する一人ひとりが『存在することのメリット』を常に意識するよう指導しています。

チームのあらゆる面において、選手、サポーター、応援、一年生の仕事等の様々な役割がありますが、一人ひとりがチーム内に『絶対にいなければならない存在』になるよう心がけることがチーム力の向上につながると考えています。

また、個々の活動としては海外を含めチャレンジャーやフューチャーズ等の国際トーナメントに挑める環境を整え、学生大会にとどまらないスケールの大きい選手育成に尽力したいと思っています。

2018年はチーム一丸となって全日本大学王座決定戦を優勝を本気で狙っています。






■関連ニュース

・大和田秀俊が古田伊蕗下しV
・望月が全日本選手権8強へ
・望月がフューチャーズ初V

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年1月9日17時50分)

その他のニュース

10月24日

ティーム 辛勝で2回戦へ (14時17分)

フェデラー苦戦「問題ない」 (11時52分)

立教ジュニアクリニック開催 (11時21分)

【告知】大坂vsケルバー (11時06分)

ダニエル 粘り見せるも敗退 (9時09分)

イズナー 接戦制し2回戦へ (8時10分)

10月23日

錦織、熱戦制し初戦突破 (22時19分)

【1ポイント速報】錦織vsティアフォー (20時02分)

ワウリンカ棄権、今季終了へ (18時03分)

MP握られる崖っぷちから勝利 (16時46分)

メルツァー 2年ぶり本戦勝利 (15時57分)

チリッチ勝利 ワウリンカ棄権 (13時49分)

大坂 敗戦も「何も後悔ない」 (11時21分)

錦織 最終戦10位 イズナー9位 (11時00分)

10月22日

大坂 初戦黒星、終盤失速 (23時07分)

【1ポイント速報】大坂vsスティーブンス (20時32分)

錦織11位 日本勢世界ランク (17時34分)

カチャノフ快勝、地元で初V (12時42分)

ダニエル太郎 接戦制し本戦へ (12時01分)

錦織11位 22日付世界ランク (10時48分)

初V エドモンド「幸せ」 (10時02分)

20歳チチパス 悲願の初V (8時29分)

10月21日

斎藤恵佑 スーパーJr優勝 (23時18分)

錦織 最終戦かけウィーン出場 (18時59分)

死闘制したカサキナ2勝目 (17時21分)

錦織と最終戦争うイズナー敗退 (16時17分)

同い年の同胞対決制し決勝へ (15時50分)

チチパス「価値ある勝利」 (15時12分)

「ラッキー」モンフィス決勝へ (14時10分)

大坂らファイナルズ初戦日程 (13時20分)

上杉海斗 Jrクリニック開催 (13時09分)

土居/日比野組、快勝で複V (11時01分)

イズナー撃破「気分良い」 (10時35分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!