- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

シャラポワ 快勝で4強入り

マリア・シャラポワ
チャイナOP時のシャラポワ
画像提供: ゲッティイメージズ
女子テニスの深センオープン(中国/深セン、ハード、インターナショナル)は4日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク59位のM・シャラポワ(ロシア)が同66位のZ・ディアス(カザフスタン)を6-3, 6-3のストレートで破り、ベスト4進出を果たした。

この日、5本のサービスエースを放ったシャラポワは、4度のブレークポイントを3度死守。自身は4度のブレークに成功して1時間29分で勝利を掴んだ。

準決勝では、第6シードのK・シニアコバ(チェコ共和国)と世界ランク61位のKr・プリスコバ(チェコ共和国)の勝者と対戦する。

30歳のシャラポワは、昨年4月のポルシェ・テニス・グランプリ(ドイツ/シュトゥットガルト、レッドクレー、WTAプレミア)でドーピング違反による15カ月の出場停止処分から復帰を果たし、10月の天津オープン(中国/天津、ハード、インターナショナル)で2015年のBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、WTAプレミア)以来 約2年5カ月ぶりのタイトルを獲得した。

また、同日には第1シードのS・ハレプ(ルーマニア)が世界ランク73位のA・サバレンカ(ベラルーシ)に6-2, 6-2のストレートで勝利、第4シードのI・C・ベグ(ルーマニア)は第8シードのT・バボス(ハンガリー)を7-5, 7-5のストレートで下して4強入りを決めた。






■関連ニュース

・シャラポワにWC拒否の理由
・シャラポワ 処分決定の裏側
・シャラポワ 錦織をリスペクト

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年1月4日18時15分)




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!