- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル ITF世界王者に輝く

ラファエル・ナダル、ガルビン・ムグルサ
(左から)ナダルとムグルサ
画像提供: ゲッティイメージズ
国際テニス連盟のITFは8日、男子テニスで世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)と女子テニスで世界ランク2位のG・ムグルサ(スペイン)へ2017年ITFワールド・チャンピオンの称号を与えると発表した。

ナダルは今回が3度目、ムグルサは初めての受賞となった。男女で同じ国の選手が選ばれたのは、1998年のP・サンプラス(アメリカ)L・ダベンポート(アメリカ)以来19年ぶり。

31歳のナダルは、史上最年長での受賞となった。けがからの復帰を果たした2017年は、史上最多10度目の優勝を飾った全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)や全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)などシーズンを通して6大会でタイトルを獲得。

全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)でも準優勝を飾り、シーズンを世界ランク1位で終わらせると同時に、1973年にATP世界ランキングが創設されて以来 最年長の年間最終ランキング1位の選手となった。

一方、24歳のムグルサは1994年のA・サンチェス=ビカリオ(スペイン)に次いで2人目となるスペイン人女子選手の受賞となった。

2016年に続き好調のシーズンを送ったムグルサは今季、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で1セットしか落とさず初優勝を飾り、ウェスタン&サザン・オープン女子(アメリカ/シンシナティ、ハード、WTAプレミア)決勝ではS・ハレプ(ルーマニア)を下してタイトルを獲得。9月には初めて世界ランク1位へ上り詰め、シーズンを世界ランク2位で終えた。

ITFダブルス・チャンピオンは、男子がL・クボット(ポーランド)M・メロ(ブラジル)が、女子ではチャン・ユンジャン(台湾)と今季限りで現役を退いたM・ヒンギス(スイス)が選出された。

また、今年新設されたITFクワッド車椅子のワールド・チャンピオンはD・ワーグナー(アメリカ)が受賞。車椅子ワールド・チャンピオンは男子がG・フェルナンデス(アルゼンチン)が初選出され、女子では上地結衣が2度目の受賞となった。

そして、ITFジュニア・ワールド・チャンピオンにはA・ジェラー(アルゼンチン)とW・オシグエ(アメリカ)が選ばれた。

この賞はシーズンを通しての成績とITFが統括するデビスカップとフェドカップの成績から選出されており、受賞者は全仏オープンの期間中に表彰される。






■関連ニュース■ 

・ナダル勝訴 薬物疑惑に終止符
・ナダル戦で疑惑の大誤審
・ナダル戦で大ブーイング
(2017年12月9日11時16分)

その他のニュース

9月26日

【速報中】西岡vsシャポバロフ (20時53分)

日比野 タシケント8強ならず (20時19分)

錦織 楽天OP「いい結果を」 (17時20分)

錦織 大坂のVは「シビれた」 (15時52分)

予選勝者の47位 前年V破る (14時47分)

錦織、最終戦出場が「目標」 (12時21分)

マレー「必死に戦った」 (11時11分)

杉田祐一、完敗で初戦敗退 (9時08分)

ダニエル 伊藤を退け2回戦へ (8時30分)

9月25日

3時間中断も快勝、次戦は西岡 (23時03分)

錦織圭、大坂なおみを称賛 (21時04分)

大坂破った東レ女王 初戦敗退 (19時45分)

ウォズニアッキ 快勝で初戦突破 (17時45分)

楽天OP観戦券プレゼント (17時26分)

錦織12位 日本勢世界ランク (17時01分)

リアル追求 本格テニスゲーム (15時36分)

日比野「ハッピーな場所」 (15時00分)

錦織と大坂 ブリスベンに出場 (12時00分)

錦織出場のハワイOPを観戦 (11時52分)

錦織 最終戦10位、24日付 (11時05分)

奈良くるみは初戦で逆転負け (10時24分)

9月24日

西岡良仁 快勝で深セン初戦突破 (19時40分)

ティーム「危険な選手」破りV (18時05分)

大坂、激動13時間25分の戦い (17時14分)

日比野 ブシャールに3連勝 (16時02分)

フェデラーら活躍で欧州V2 (12時29分)

錦織12位 24日付世界ランク (11時47分)

錦織破った世界166位は準V (11時26分)

大坂 最終戦ランク3位へ浮上 (10時48分)

大坂 世界ランク8位へ後退 (10時25分)

9月23日

「なおみは誇り」とバイン氏 (21時33分)

ティーム決勝 ワウリンカ敗退 (21時31分)

大坂 次戦ウィルス性疾患で棄権 (21時19分)

ジョコ敗れる レーバー杯 (17時45分)

錦織撃破166位「最大の成功」 (16時54分)

元女王、準V大坂を称賛 (15時44分)

大坂 脱帽「疲れ感じている」 (14時24分)

大坂 準V「来年頑張ります」 (12時55分)

大坂、完敗で凱旋Vならず (12時15分)

【1ポイント速報】大坂vsプリスコバ (11時00分)

錦織 166位にまさかの逆転負け (1時07分)

【1ポイント】錦織vsバッヒンガー (1時01分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!