- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

薬物使用認め、1年停止処分

ダニエル・エヴァンス
出場停止処分が科されたエヴァンス
画像提供: ゲッティイメージズ
国際テニス連盟のITFは4日、4月に受けたドーピング検査でコカインの陽性反応が出ていた世界ランク108位のD・エヴァンス(英国)に対して、テニス反ドーピング・プログラムに違反したことから1年間の出場停止処分が下されたと公式サイトで明かした。

>>内山vsチリッチ 1ポイント速報<<

>>杉田ら楽天オープン対戦表<<

27歳のエヴァンスは、バルセロナ・オープン(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)に出場していた4月24日にドーピング検査を受け、提出した尿サンプルをカナダのモントリオールにある研究所で解析した結果、コカインの陽性反応とその代謝物が検出された。

6月16日にその事実が告げられ、即座に暫定的な公式戦への出場禁止が科されていた。エヴァンスはすぐにその事実を認め、どうして体内にコカインが入ったかも、誤ったものではなく故意に行ったものだと確認されていた。

エヴァンスは今回初めてドーピング違反を犯し、この処分は尿サンプルが提出された2017年4月24日から開始されるため、2018年4月23日に処分が明ける。

そのため、バルセロナ・オープンを含む、それ以降にエヴァンスが獲得したランキング・ポイントは全て無効となり、獲得した賞金も全て没収される。

テニス反ドーピング・プログラムは、グランドスラムをはじめ、国際テニス連盟(ITF)、男子プロテニス協会(ATP)、女子プロテニス協会(WTA)が管轄する大会へ出場する全ての選手に適応される。世界反ドーピング機構が禁止している物質に陽性反応が出た選手は、反ドーピング・ルールに違反したとして、テニス反ドーピング・プログラムに従って処分が下される。

楽天オープン




■関連ニュース■ 

・エヴァンスがドーピング違反
・ジョコ 練習相手がドーピング
・ナダルもドーピング?に反論
(2017年10月4日10時38分)




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!