- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

内藤祐希 全米Jr複4強ならず

内藤祐希
全米3回戦時の内藤祐希組
画像提供: tennis365.net
テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は8日、ジュニアの女子ダブルス準々決勝が行われ、内藤祐希(関東/TEAM YONEZAWA)/ D・ヴィスマン(ラトビア)組はL・ボスコビッチ(クロアチア)/ X・ワン(中国)組に2-6, 4-6のストレートで敗れ、ベスト4進出とはならなかった。

>>全米OP対戦表<<

この日、内藤/ ヴィスマン組は2度のブレークに成功するも、ボスコビッチ/ ワン組に5度のブレークを許し、1時間2分で敗れた。

内藤は、今大会のシングルスにも出場していたが、1回戦でE・ボルトン(アメリカ)にストレートで敗れて初戦で敗れていた。

その他の日本勢では、同日に行われたジュニアの男子シングルス準々決勝で田島尚輝(関東/ TEAM YONEZAWA)が第1シードのA・ゲラー(アルゼンチン)に挑んだがフルセットで敗れ、惜しくも4強入りとはならなかった。

ジュニアの男子ダブルス準決勝では、清水悠太(関西/西宮甲英高)/ 堀江亨(東海/関スポーツ塾・T)組が第3シードのT・ブレイド(アメリカ)/ D・ヴァーレ(ポルトガル)組を6-2, 7-6 (7-5)のストレートで破り、初の決勝進出を果たした。






■関連ニュース■ 

・清水/堀江 全米Jr決勝進出
・田島 第1シードに健闘も惜敗
・内藤祐希 全米ジュニア複8強
(2017年9月9日16時03分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!