- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

杉田祐一 逆転負け「悔しい」

杉田祐一
2回戦で敗れた杉田祐一
画像提供: tennis365.net
テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は31日、男子シングルス2回戦が行われ、世界ランク44位の杉田祐一は同59位のL・メイヤー(アルゼンチン)に7-6 (7-3), 4-6, 3-6, 4-6の逆転で敗れ、四大大会初の3回戦進出とはならなかった。

>>全米OP対戦表<<

この日、第1セットを先取した杉田は第2セットも勢いに乗り、先にブレークした。しかし、元世界ランク21位のメイヤーに反撃され「取りたい時に流れを与えてしまった。悔やまれます」と試合後の会見で述べた。

「大きな舞台で残念ですが、今後改良する部分はあります。悔しいです。サーブに関しては、ほしい時に入らなかった。セカンド(セット)になった時、相手がアグレッシブになった。自分はストロークで引き気味だった」

今後については「マスターズもあります。楽天オープンもデ杯も。グランドスラムは終わってしまいましたが、まだまだ大きな大会がある。グランドスラムのシードを取ることが目標」と意気込んだ。

現在28歳の杉田は、今年7月のアンタルヤ・オープン(トルコ/アンタルヤ、芝、ATP250)でツアー初優勝を飾り、日本男子で松岡修造錦織圭に次ぐ史上3人目の快挙を成し遂げた。さらに前哨戦のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)では、四大大会に次ぐグレードの「ATPマスターズ1000」で初の8強入り。

飛躍のシーズンを送っている杉田だが「この位置から一気に落ちるのは簡単ですし、ギリギリというのは間違いない」と気を引き締めていた。

一方、勝利した世界ランク59位のメイヤーは、3回戦で第1シードのR・ナダル(スペイン)と対戦する。ナダルは2回戦でダニエル太郎を逆転で破っての勝ち上がり。






■関連ニュース■ 

・錦織 杉田を評価「30・20位」
・杉田 フェデラーから祝福受ける
・杉田祐一 ガスケ破る金星
(2017年9月1日16時07分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!