- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

第39回全国選抜高校が開幕

高校選抜
選手宣誓を行う(左から)早川来夢と米田涼
画像提供: tennis365.net
高校日本一を決める、第39回全国選抜高校テニス大会は21日、博多の森テニス競技場室内コートで開会式が行われた。

>>男子 組み合わせ表<<

>>女子 組み合わせ表<<

男女各48校の入場行進が行われた後、熊本工(熊本)主将の米田涼と八代白百合(熊本)主将の早川来夢による選手宣誓が行われた。

そして、昨年度優勝校の男子・湘南工科大附(神奈川)と女子・野田学園(山口)により優勝旗ならびに優勝杯が返還され、最後に大会20回出場の新田(愛媛)の表彰が行われ、開会式は終了となった。



湘南工科大附主将の畠山尚



野田学園主将の稲葉あす果


今大会は21日から25日に団体戦、23日から26日に個人戦が行われる。団体戦はダブルス2本、シングルス3本の計5試合のうち3勝した高校が勝ち上がる。

大会初日の21日には男女団体戦の1回戦が行われる。

個人戦はシングルスのみで、各出場校のナンバー1に登録された選手が出場資格を得られ、自校の団体が終了した時点から出場する変則型のトーナメント方式で行われる。(団体決勝に勝ち上がったチームのナンバー1選手は、個人の準決勝から出場する)個人戦の優勝者は全米オープン・ジュニアの予選出場資格が与えられる。

昨年の団体戦は、男子が湘南工科大(神奈川)、女子は野田学園(山口)が優勝。個人戦は、男子は菊地裕太(相生学院)、女子は清水映里(山村学園)がタイトルを獲得し、全米オープン・ジュニアの予選出場資格を手にした。






■関連ニュース■ 

・全国選抜高校 男子出場校決定
・全国選抜高校 女子出場校発表
・インターハイ 男子個人戦結果
(2017年3月21日11時01分)

その他のニュース

7月21日

元世界1位 ズベレフのコーチに (17時01分)

逆転勝ちでツアー初4強 (15時38分)

第1シード 世界140位に敗れる (13時38分)

30本のエース放つも4強ならず (11時46分)

錦織ら 全米本戦出場者発表 (11時00分)

番狂わせ モンフィス初戦敗退 (8時10分)

2本のMPしのぎ逆転勝利 (7時12分)

7月20日

錦織 NBAスターと対面 (21時43分)

快進撃 二宮真琴の素顔に迫る (20時51分)

二宮真琴 快進撃の裏側明かす (17時32分)

錦織出場の大会にトップ2選手 (15時40分)

錦織 イベントにサプライズ登場 (10時59分)

全仏悲劇から復帰し8強 (10時02分)

世界4位コンタが東レ初参戦 (9時01分)

途中棄権 全仏OPの怪我響く (8時02分)

7月19日

伊達公子 逆転許し初戦敗退 (21時31分)

錦織 東京五輪へ意気込み (20時59分)

錦織「恥ずかしいの一言。笑」 (16時55分)

全米OP 賞金が過去最高額へ (15時59分)

プロ転向12年で通算200勝達成 (13時32分)

錦織 全米へ「しっかり準備」 (12時20分)

世界1位マレー 2年連続出場 (9時20分)

LLのチャンス活かし初戦突破 (8時26分)

今井慎太郎 初戦突破ならず (7時15分)

7月18日

39歳ハース 逆転許し初戦敗退 (22時06分)

全仏の悲劇から復帰へ (21時00分)

セリーナ 5年ぶりトップ10転落 (19時57分)

錦織14位後退 フェデラー確定 (16時56分)

伊藤竜馬 2回戦進出ならず (16時12分)

18歳が2時間半超の接戦制す (13時24分)

元1位 Vフェデラーを祝福 (10時55分)

第5シード、シモン初戦敗退 (10時26分)

準Vチリッチ「素晴らしい旅」 (9時02分)

プリスコバ 初の世界1位へ (7時58分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る





テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!