- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

快進撃の上杉海斗「自信に」

上杉海斗
8強の快進撃を見せた上杉海斗
画像提供: tennis365.net
男子テニスツアーの下部大会である慶應チャレンジャー国際テニストーナメント2017(日本/神奈川県、ハード、ATPチャレンジャー)で、ベスト8へ進出する快進撃を見せた上杉海斗が大会後のインタビューで「自分の武器が通用するとわかり、自信になった」とコメントした。

ワイルドカードで今大会に出場した上杉は、1回戦で前週の島津全日本室内テニス選手権大会(京都チャレンジャー)で優勝を飾った内山靖崇を6-4, 1-6, 6-3のフルセットで撃破。2回戦では、第6シードのR・ベーメルマンス(ベルギー)を6-4, 3-6, 6-3のフルセットで破る金星をあげ、ベスト8進出を果たした。

伊藤竜馬との準々決勝はマッチポイントを握ったが、あと一歩及ばず7-6 (7-3), 2-6, 6-7 (2-7)の逆転負け。しかし、持ち前のアグレッシブでテンポの速いテニスで、多くの観客を魅了した。

上杉は「ホームだったとはいえ、この大会を通してトップレベルと互角に戦えることがわかった。通用するところとまだ足りないところがあるけど、フィジカル面とかを強化していけば、さらに上を狙っていけると感じた」と振り返った。

さらに「プロになりたいと思っているので、強さだけではなくて自分のプレーに憧れを持ってもらえるようにしていきたいです」と続けた。

上杉はテニスの強豪校の清風高校(大阪)の出身。高校3年時にはインターハイのシングルスで準優勝、ダブルスでは、現関西大学の矢多弘樹とペアを組んで優勝を飾った。

現在は慶應義塾大学テニス部の主将を務めており、昨年の春の関東学生トーナメント決勝で同部の逸崎凱人を下してタイトルを獲得。

8月の全日本学生テニス選手権大会(インカレ)では、早稲田大学の小林雅哉に敗れてベスト4だったが、12月の全日本学生室内テニス選手権大会(インカレ室内)では中央大学1年で清風高校の後輩でもある望月勇希を破り、自身初となる全国でのシングルスのタイトルを獲得した。

最後に、上杉は「学生大会はもちろん、チャレンジャーやフューチャーズで、大学生のうちからどんどん上を目指していきたいです」と大学ラストイヤーに向けて意気込んだ。

5日の決勝では、第1シードの杉田祐一が予選勝者で19歳のクォン・スンウ(韓国)を6-4, 2-6, 7-6 (7-2)のフルセットで下し、大会初優勝を飾った。

また、慶應チャレンジャー国際テニストーナメント2017は、今回より新たに女子ITF25,000ドルの大会も開催される。女子本戦は2017年3月6日(月)から12日(日)にかけて行われる予定。






■関連ニュース■ 

・上杉 内山破る金星で喜び語る
・上杉/韓組 課題は「戦略」
・慶大 上杉海斗「素直に嬉しい」
(2017年3月5日19時12分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!