- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

伊藤竜馬 今季初の決勝ならず

伊藤竜馬
全豪OP時の伊藤竜馬
画像提供: tennis365.net
男子テニスの下部大会であるRBCテニス・チャンピオンシップス・オブ・ダラス(アメリカ/ダラス、ハード、ATPチャレンジャー)は3日、シングルス準決勝が行われ、世界ランク184位の伊藤竜馬は第1シードのR・ハリソン(アメリカ)に3-6, 0-6のストレートで敗れ、今季初の決勝進出とはならなかった。

この日、9本のサービスエースを決められた伊藤は、ハリソンのサービスを1度も破ることができず、1時間6分で敗れた。これで伊藤はハリソンに2連敗となった。

今大会、伊藤は1回戦でA・ゴメス(コロンビア)、2回戦で第3シードのM・ククシュキン(カザフスタン)、準々決勝でE・ウマー(スウェーデン)を下して勝ち上がっていた。今シーズンは今回が4大会目で、前週まで行われていた全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランド スラム)では、予選2回戦で敗退し、3年連続の本戦出場とはならなかった。

一方、勝利したハリソンは、第2シードのT・フリッツ(アメリカ)と第6シードのD・クドラ(アメリカ)の勝者と対戦する。

24歳のハリソンは、現在世界ランク78位に位置している。自己最高位は、2012年7月に記録した世界ランク43位。昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)では、予選3試合を勝ち抜いて本戦に出場し、自身初の四大大会3回戦進出を果たした。

ハリソンは予選1回戦で敗退となったブリスベン国際(オーストラリア/ ブリスベン、ハード、ATP250)で、2017年シーズンをスタート。続くASBクラシック(ニュージーランド/オークランド、ハード、ATP250)では、予選を突破してベスト16進出を果たしたが、全豪オープンでは2回戦でT・ベルディヒ(チェコ共和国)に敗れ、初の3回戦進出とはならなかった。






■関連ニュース■ 

・伊藤竜馬が入籍 交際「10年」
・伊藤竜馬 ワウリンカ破る金星
・伊藤竜馬 ロングマッチ制し8強
(2017年2月4日11時40分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!