- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】錦織 3年連続8強

男子テニスツアーのバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)は21日、シングルス3回戦が行われ、第2シードで世界ランク6位の錦織圭が第13シードで同33位のJ・シャーディ(フランス)を6-3, 7-5のストレートで下し、3年連続の8強入りを決めた。

>>バルセロナ・オープン対戦表<<

この試合、錦織は主導権を握り、得意のドロップショットや逆をつくショットでシャーディを圧倒して第1セットを先取。第2セットでは第10ゲームでサービング・フォー・ザ・マッチを迎えるも、土壇場でシャーディにブレークバックを許す。その後、息を吹き返した錦織は第11・第12ゲームを連取して、ストレート勝ちをおさめた。

準々決勝では、第11シードのA・ドルゴポロフ(ウクライナ)と予選勝者のK・カチャノフ(ロシア)(ロシア)の勝者と対戦する。

錦織は初戦の2回戦で世界ランク102位のT・デ=バッカー(オランダ)をストレートで下して3回戦へ駒を進めていた。

今シーズンは1月の全豪オープンでベスト8進出、2月のメンフィス・オープンで前人未到の4連覇を達成。アビエルト・メキシコ・テルセルではまさかの2回戦敗退を喫するも、3月のBNPパリバ・オープンで大会初の8強入りを果たした。

マイアミ・オープンでは自身2度目のマスターズ決勝戦進出。決勝では王者N・ジョコビッチ(セルビア)に敗れるも、今季の目標に掲げているマスターズ制覇にあと一歩のところまで迫った。

今大会、ボトムハーフ(対戦表の下半分)に位置する錦織は、上位シード勢が勝ち進んだ場合、準決勝では第6シードのB・ペール(フランス)と対戦する組み合わせ。

バルセロナ・オープンでは2014・2015年に優勝しており、M・ビランデル(スウェーデン)R・ナダル(スペイン)に続く大会史上3人目の3連覇に挑む。






■関連ニュース■ 

・ジョコ 錦織は「過去最高」
・断トツ1位 錦織vsフェデラー
・錦織「強いナダル戻ってきた」
(2016年4月21日23時42分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!