- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル雄叫びV ジョコに並ぶ

男子テニスツアーのモンテカルロ・ロレックス・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は17日、シングルス決勝戦が行われ、第5シードのR・ナダル(スペイン)が第13シードのG・モンフィス(フランス)を7-5, 5-7, 6-0のフルセットで下し、大会4年ぶり9度目のタイトルを獲得すると同時に、マスターズで約2年ぶりの優勝を飾った。これは世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)に並ぶマスターズ28勝目となった。

>>モンテカルロ・マスターズ対戦表<<

決勝戦、ナダルはモンフィスの強打に苦しむも、13度のブレークチャンスから8度のブレーク成功し、2時間46分で優勝。マッチポイントでナダルは鮮やかなフォアハンドのウィナーを決めて雄叫びをあげ、試合に終止符を打った。これで対モンフィス戦は12勝2敗。

2005−2012年のモンテカルロ・マスターズでナダルは8連覇を成し遂げるも、2013年の決勝でジョコビッチに9連覇を阻止されて以降、優勝から遠ざかっていた。

また、ナダルが今大会前にマスターズで最後に優勝したのは2014年5月のムチュア・マドリッド・オープン。その時は決勝で錦織圭が途中棄権した。

今年3月にジョコビッチがマイアミ・オープン決勝で錦織を破り優勝した時点で、ナダルのマスターズ27勝が抜かれてしまった。しかし、今大会でマスターズ28勝目を飾ったことで再びジョコビッチに並んだ。

今回の優勝はナダルにとって今季初のタイトル獲得、キャリア通算68勝目。

今後は18日から開幕するバルセロナ・オープン・バンコ・サバデルに第1シードで出場する。同大会には錦織も第2シードで出場し、大会史上3人目の3連覇達成に挑む。

一方、惜しくも敗れたモンフィスはマスターズで3度目の決勝進出だったが、初優勝とはならなかった。今大会では1セットも落とさずに決勝戦へ駒を進めていた。

今季モンフィスは好調で、全豪オープンで初のベスト8進出、マスターズのBNPパリバ・オープンとマイアミ・オープンでも8強入り。マイアミ・オープンでは準々決勝で錦織と対戦し、マッチポイントを握るも惜敗した。

今大会は第1シードのジョコビッチが初戦の2回戦で姿を消し、第3シードのR・フェデラー(スイス)は準々決勝で敗退していた。






■関連ニュース■ 

・錦織「シャワー浴びながら号泣」
・ジョコ 錦織は「過去最高」
・錦織 モンフィス戦「ボーッとしていた」
(2016年4月18日1時47分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!